デジタルミュージアム

ミュージアムにおけるデジタル技術の役割は、実物による「モノ」の展示に「コト」の側面をくわえ、鑑賞・体験・学習の融合した新しい展示を創出することです。本研究室では、「モノ」と「コト」の融合した展示、鑑賞中だけでなく事前事後を含めた鑑賞体験の総合的なサポート、ミュージアムのためになるデジタル技術の3つのコンセプトを柱として、バーチャルリアリティ・複合現実感技術を駆使したデジタルミュージアムの実現を目指した研究を行っています。

http://www.mr-museum.org

万世橋・交通博物館 思い出のぞき窓

市街地の公共空間において、その場所の昔の風景を全天周映像で提示し、現在の風景に重ねあわせて鑑賞・追体験のできる屋外AR展示システムです。

電車の思い出のぞき窓

ミュージアムにおいて、展示物とその背景情報となる映像資料を共存させて展示する複合現実感展示システムです。

時をかけるシート

過去の来館者や展示物を3次元的に記録し、現在のシーンに重畳することで、静態展示を時間軸方向に拡張します。

デジタル展示ケース

従来の展示ケースのインタフェースを保ったままバーチャルな展示物を表示し、展示物が持つ背景情報を分かりやすく伝えるシステムです。

Mob scene filter

モブシーンフィルターは、他人から個人特定されないために顔の特徴を変更し別人の容貌に変えるシステムです。

VR空間における鑑賞支援誘導場

VR空間を自由に鑑賞できるシステムにおいて、特定の場所を鑑賞するようにユーザを誘導します。

食事ライフログ

「食に関わるライフログ共有基盤」プロジェクトは、東京大学の相澤研究室・佐々木研究室、株式会社KDDI研究所、foo.log株式会社との共同研究プロジェクトです。これまで情報処理の対象として扱われることの少なかった「食」に注目したライフログ技術基盤の研究開発を行っています。本研究室では、誰とどこでどのように食事をとったか、などの食事そのものではないが食事と関係の深い情報のライフログとその応用に関する研究を行っています。

http://www.hal.t.u-tokyo.ac.jp/crest/

Yumlog

他人の評価のフィードバックによって食事の満足度を操作することで、健康的な食事に対する満足度を高め、無意識レベルで食行動を改善します。

彩りの食卓

食事中の発話量に応じて、テーブル面が光ることでフィードバックを与え、食事の場全体の会話量を増やし、発話バランスを整えます。

Vocalog

食事中の発話率を記録・分析し、リアルタイムにフィードバックし、食事中の会話増進を促します。

ライフログと未来予測

個人の生活や行動を長期間に渡りデジタルデータとして記録したものを「ライフログ」といいます。過去をくまなく記録し、整理し、閲覧できることはライフログの強みですが、そういった膨大なパーソナルデータを用いることで、その人の未来をも知ることができるようになると考えています。本プロジェクトでは、消費行動・タスク管理・高速道路における渋滞などを取り上げ、ライフログ技術を活用して未来予測を行います。さらに、それをユーザにフィードバックすることで、ユーザの行動変化を誘発させることも試みています。

http://begoing.to

未来日記

将来のタスクの集中を防ぐために, ライフログによる生活の傾向からタスクの将来の状況を予測し、提示します。

PRIMA

4台のKinectを組み合わせて、実空間を3次元的に記録・再構成します。過去の人がその場にいるかのような映像を作ることができます。

レシートログと消費予報

レシートをOCRすることで購買行動を記録し、未来に「どこで・どのくらい」お金を使いそうかを予測・提示します。

高速道路旅行計画のための対話式未来予測インタフェース

高速道路の交通状況を予測し、その予測をドライバに一覧性高く提示することで、対話的に時間計画を行うことができるインタフェースを提案します。

WillDo

ライフログから得られる生活の傾向から将来の自分の状況を予測・提示し、計画的なタスクマネジメントを実現します。App Storeで公開中。

五感インタフェース

現在の情報インタフェースは圧倒的に視覚・聴覚優位で、人間の持つさまざまな感覚にアプローチできていません。より自然で直観的なインタフェースを実現し、多様な体験を提示可能にするために、本研究室では触覚・嗅覚・味覚などの情報提示が可能なシステムについて開発を行っています。また、独立に感覚情報を提示する手法だけでなく、感覚間の相互作用を利用して、限られた感覚刺激から多様な五感情報を感じさせるクロスモーダルインタフェースについても研究を行っています。

えくす手

自分の手の動きに同期して動きながら様々な色や形、動き方に変化するバーチャルハンドに身体所有感を生起させるシステムです。

視触覚相互作用を用いたリダイレクション

限られた実空間内で広大なVR空間の歩行移動を可能にする手法であるリダイレクションに触覚的手掛かりを組み合わせることで,従来手法より狭い実空間でもリダイレクションが可能になることを示しました.

Illusion Controller

形状を錯覚させるVRコントローラのコンピュテーショナルデザイン手法の提案です。

背面タッチパネルを利用した擬似力覚インタフェース

背面タッチパネルと視触覚間相互作用を組み合わせ、モバイル端末上で様々な触覚フィードバックを提示可能なシステムです。

拡張持久力

拡張持久力は、拡張現実感により物体の明度を操作することで、中軽量物体を扱う力仕事における持久力を18%程度向上させることが可能なシステムです。

テーブルトップ型拡張満腹感

テーブルトップ型拡張満腹感は、食品の周囲に投影するバーチャルな皿の画像のサイズを制御することで、食品のボリュームに対する知覚に影響を与え、満腹感は一定のままエネルギー摂取量を制御します。

拡張満腹感

拡張満腹感は、拡張現実感によって食品の見た目のサイズだけを変化させることで、満腹感は一定のまま食事量を10%程度増減させることが可能なシステムです。

MagicPot

MagicPot は視触覚間相互作用の効果を用いることで、ユーザが描いた様々な形状の物体を触っている感覚を提示するシステムです。

メタクッキー

メタクッキーは、視覚・嗅覚・味覚間の感覚間相互作用を利用することでクッキーを食べた際の味を変化させる味覚提示手法です。

Pseudo-hapticsを用いたMR空間内での力作業支援

複合現実感空間において、実際よりも持っている物体が軽く見えるよう重量知覚操作を行うことで機構を用いずとも力作業におけるユーザのパフォーマンスが向上することを示しました。

拡張現実感を用いた飲料消費習慣の改善

情報技術を援用することで無意識的に飲料消費量を調整し、本人の努力を必要とせずして継続的に飲料消費習慣を改善するシステムです。