my profile

-誰?-

橋本弘太郎

  • 1981年 生まれ
  • 1997.3 ブラッセル日本人学校卒業
  • 2000.3 東京学芸大学附属高校卒業
  • 2005.3 東京大学工学部機械情報工学科卒業
  • 2005.4 東京大学大学院情報理工学系研究科知能機械情報学専攻 入学
  • 現在に至る

研究内容

学部生のときは「環境型ディスプレイに関する研究」という題目で研究を行った。 複数台のプロジェクタをもちいて、広い空間内で複数のユーザに追従するウィンドウシステム の開発を行う、というものである。実験は広い空間が必要だということから屋外で行い、また プロジェクタが見えやすいようにということで夜に行った。2月の寒い夜に外にプロジェクタと PCをわざわざ運び出して行った実験は寒く、しかも予想していた結果が思うように出ず、なかなかしんどかった。

修士課程に入っても、引き続きその研究を続けていく、はずだったのだが、縁あって 研究室の新しいプロジェクト デジタルパブリックアートプロジェクト -dpa- に参加することになる。

dpaにおいては、不特定多数の鑑賞者が参加できるユーザインタフェースの研究ということで、 Suicaを使ったインタフェースのプロトタイプを作成した。これが予想外に好評で、その後 このプロジェクトをメインにやっていくことになる。メディアアーティストでいらっしゃる岩井俊雄先生や 鈴木康広先生をはじめとした多くの方のご指導の下、研究室の縁も重なってメディア芸術祭や 未来館での展示も行わせていただいた。

小中高と芸術には全く縁のない人生を送ってきたわけであったが、このような形で工学とは異なる 考え方をする分野の一端に参加することができたのは非常にいい経験だった。