Takuji Narumi

WORKS

  • 目と鼻の先


羽田空港で行なわれた「空気の港」展の展示作品。視覚と嗅覚が融合した新しい拡張現実感を体験できる作品です。双眼鏡をのぞき込んで、いろいろな方向を眺めてみてください。ある方向を眺めると、甘い匂いが漂ってきます。匂いの方向にズームすると、どんどん匂いが強くなり、目の前にはチョコレートショップが見えてきます。さらに近づいていく とお店の外側から中へ、そしてチョコレートにたどり着き、あたかもチョコレートの中にダイブしたような気分が味わえます。この作品では、空間を記録して再現するバーチャルリアリティの技術に、匂いをディスプレイする技術を組み合わせることで、その場にいながらにして離れた空間の雰囲気を感じられる新しい体験ができます。ピエゾ素子を用いた匂いディスプレイデバイスにより、高精度に匂いの On/Off、強さをコントロールできる技術が使われています。現実以上にリアルな「チョコレートの旅」をどうぞお楽しみください。