Takuji Narumi

活動・発表論文等

■論文誌

  • Keita Suzuki, Masanori Yokoyama, Yuki Kionshita, Takayoshi Mochizuki, Tomohiro Yamada, Sho Sakurai, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose:
    Enhancing the Effect of Mediated Social Touch between Persons of the Same Gender by Changing Gender Impression,
    Augmented Human Research, Dec. 2016.
  • 簗瀬洋平,鳴海拓志:
    誰でも神プレイできるジャンプアクションゲーム,
    日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol.21 No.3, pp.415-422, 2016年9月.
  • 川瀬佑司,吉田成朗,鳴海拓志,上田祥代,池田まさみ,渡邊淳司,谷川智洋,川本哲也,廣瀬通孝:
    Mob Scene Filter:顔部位の形状・位置変形を利用した他人顔変換手法,
    日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol.21 No.3, 2016年9月.
  • 伴祐樹,櫻井翔,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    時計の表示時間速度制御による単純作業の処理速度向上手法,
    日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol.21 No.1, pp.109-120, 2016年3月.
  • 櫻井翔,中里直人, 吉田成朗,鳴海拓志, 谷川智洋, 廣瀬通孝:
    表情変形フィードバックによる遠隔協調作業における創造力向上支援,
    日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol.20 No.4, pp.323-332, 2015年12月.[日本VR学会論文賞受賞]
  • 竹内俊貴,藤井達也,小川恭平,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    他者評価を利用した食習慣改善ソーシャルメディア,
    人工知能学会論文誌,Vol.30, pp.820-828, 2015年9月.
  • 吉田成朗,鳴海拓志,櫻井翔,谷川智洋,廣瀬通孝:
    リアルタイムな表情変形フィードバックによる感情体験の操作,
    ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol.17 No.1, p.15-26, 2015年2月.
  • 鳴海拓志,鈴木智絵,谷川智洋,廣瀬通孝:
    鼻部への冷温覚提示による食味認知変化手法,
    日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.19 No.4, pp.439-448, 2014年12月.
  • 国分新,伴祐樹,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    背面タッチパネルを用いた擬似力覚によるモバイル端末での触覚提示,
    日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.19 No.4, pp.571-580, 2014年12月.
  • 伴祐樹,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    手形状変形フィードバックを利用した把持動作における硬さ知覚操作,
    日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.19 No.4, pp. 523-532, 2014年12月.
  • 對間祐毅,伴祐樹,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    Pseudo-hapticsを用いたMR空間内での力作業支援,
    日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.19 No.4, pp.533-540, 2014年12月.[VR学会論文賞受賞]
  • 竹内俊貴,田村洋人,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    ライフログとスケジュールに基づいた未来予測提示によるタスク管理手法,
    情報処理学会論文誌, Vol.55 No. 11,pp. 2441-2450, Nov. 2014.
  • Jun Imura, Kazuhiro Kasada, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, and Michitaka Hirose: Reliving Past Scene Experience System by Inducing a Videocamera Operator’s Motion with Overlaying a Videosequence onto Real Environment, ITE Transactions on Media Technology and Applications, Vol.2 No.3, pp.225-235, July 2014.
  • Takuji Narumi, Masaaki Miyaura, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Simplification of Olfactory Stimuli in Pseudo-gustatory Displays,
    IEEE Transactions on Visualization and Computer Graphics (TVCG), 20(4), pp.504-512, Mar. 2014.
  • Yuki Ban, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Modifying Perceived Size of a Handled Object through Hand Image Deformation,
    Presence: Teleoperators and Virtual Environments Summer 2013, Vol. 22, No. 3: 255-270, 2014.
  • 櫻井翔,鳴海拓志,勝村富貴,谷川智洋,廣瀬通孝:
    Interactonia Ballon: 風船を用いた能動的呼吸の誘発による緊張感の喚起・増幅,
    日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.18 No.3, pp.361-370, 2013年9月.
  • 竹内俊貴,中島統太郎,西村邦裕,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    展示空間の3次元記録を用いた時間軸拡張型展示,
    日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.18 No.3, pp.237-246, 2013年9月.
  • 鳴海拓志,伴祐樹,梶波崇,谷川智洋,廣瀬通孝:
    拡張現実感を利用した食品ボリュームの操作による満腹感の操作,
    情報処理学会論文誌,Vol.54 No.4,pp.1422-1432, 2013年4月.
  • 鳴海拓志,伴祐樹,藤井達也,櫻井翔,井村純,谷川智洋,廣瀬通孝:
    拡張持久力:拡張現実感を利用した重量知覚操作による力作業支援,
    日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.17 No.4, pp.333-342, 2012年12月.[VR学会論文賞受賞]
  • 伴祐樹,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    手の動きの空間変調による形状知覚操作,
    日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.17 No.4, pp.457-468, 2012年12月.
  • 葛西寅彦,誉田匠,青木邦雄,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    デジタルレールウェイミュージアム 〜鉄道博物館におけるデジタル展示への取り組み,
    情報処理学会デジタルプラクティス, Vol.3 No.4, pp.281-288, 2012年10月.
  • 西村邦裕,鈴木康広,牛込陽介,鳥越祐輔,鳴海拓志,佐藤宗彦,谷川智洋,廣瀬通孝:
    交通系ICカードを用いた公共空間でのインタラクション:パブリックアートを通じた実証実験,
    情報処理学会論文誌,Vol.53 No.4,pp.1307-1318,2012年4月.
  • 鳴海拓志,谷川智洋,梶波崇,廣瀬通孝:
    メタクッキー: 感覚間相互作用を用いた味覚ディスプレイの検討,
    日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.15 No.4, pp.579-588, 2010年12月.
  • 鳴海拓志,赤川智洋,ソンヨンア,谷川智洋,桐山孝司,廣瀬通孝:
    Thermotaxis: 冷温感覚の提示による行動誘導,
    日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.15 No.3, pp.347-356, 2010年9月. [VR学会論文賞受賞]
  • 鳴海拓志,檜山敦,谷川智洋,廣瀬通孝:
    可視光通信を利用した懐中電灯型インタフェースによる実世界指向インタラクション,
    情報処理学会論文誌, Vol.50 No.12, pp.2863-2870, 2009年12月.

■解説記事

  • 樋口真嗣,廣瀬通孝,鳴海拓志:特別講演 対談 現実 (リアル) 対 虚構 (バーチャル),日本バーチャルリアリティ学会誌,Vol21 No.4, pp6-15, 2016.
  • 落合陽一,橋誠史,鳴海拓志,南澤孝太,安藤英由樹:特別講演 若手パネルディスカッション 20 年後の VR,日本バーチャルリアリティ学会誌,Vol21 No.4, pp6-15, 2016.
  • 鳴海拓志:ディジタルミュージアムにおけるVR/ARの利用,人工知能, Vol.31 No.6, pp.794-799, 2016 年11月.
  • 鳴海拓志:感覚間相互作用に基づく香りと味の拡張現実感,Aroma Research, No.66, 2016 年5月28日
  • 神部勝之,鳴海拓志,佐藤克成,西村邦裕,雨宮智洋,井村誠孝,神原誠之:日本バーチャルリアリティ学会 ニューズレター編集委員会の20年,日本バーチャルリアリティ学会誌, Vol.21 No.1, pp.128-129, 2016年3月.
  • 鳴海拓志:「日本VRの黒歴史」をめぐる冒険,日本バーチャルリアリティ学会誌, Vol.20 No.4, pp.6-17, 2015年12月.
  • 鳴海拓志:内臓とインタラクション,ヒューマンインタフェース学会誌, Vol.15 No.1, pp.255-258, 2013年2月.
  • 鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:複合現実型デジタル・ミュージアム,画像ラボ, 2012年1月.
  • 鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:感覚間相互作用を利用した味覚提示,情報処理, Vol.52 No.11, pp.1403-1408, 2011年11月.
  • 鳴海拓志:岐路に立つソフトメーカー 戦略転換の皮切りとなる「ドラクエ・DSショック」 (任天堂vsソニー--ゲーム業界の攻防戦),エコノミスト 85(7), pp.96-97, 2007年2月.

■書籍

  • Sho Sakurai, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Making Emotion and Decision via Changing Self-perception,
    Emotional Engineering, S. Fukuda. Eds, 4, 2016.<\li>
  • 蔵田武志, 清川清(監修): “AR (拡張現実) の基礎・発展・実践”,科学技術出版,2015.
  • 鳴海拓志,「食べたつもりになるARダイエットメガネ」
    萩原一郎編著『人を幸せにする目からウロコ!研究』(岩波ジュニア新書),
    岩波書店, 2014, ISBN 978-4005007653.
  • 鳴海拓志,「集合知の時代」「バーチャルキャラクタを介した知識の世代間伝承」ほか,
    東京大学アンビエント社会基盤研究会実世界ログWG『実世界ログ 総記録技術が社会を変える』,
    PHPパブリッシング, 2012, ISBN 978-4-904302-92-7.
  • Takuji Narumi, Yasushi Hada, Hajime Asama, Kunihiro Tsuji:
    Pedestrian route guidance by projecting moving images,
    published in Multisensor Fusion and Integration for Intelligent Systems, Sukhan Lee, Hanseok Ko and Hernsoo Hahn (Editors), Lecture Notes in Electrical Engineering 35, pp.173-186, Springer-Verlag, 2009, ISBN 978-3-540-89858-0.

■国際学会

  • Takuji Narumi, Yuta Sakakibara, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose:
    Attention Sharing in a Virtual Environment Attracts Others,
    HCII2017, July 2017.
  • Taiju Aoki, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose:
    Basic study on connecting AR and VR for digital exhibition with mobile devices,
    HCII2017, July 2017.
  • Nami Ogawa, Takuji Narumi, Michitaka Hirose:
    Factors and Influences of Body Ownership over Virtual Hands,
    HCII2017, July 2017.
  • Sho Iwasaki, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose:
    Guidance Method to Allow a User Free Exploration with a Photorealistic View in 3D Reconstructed Virtual Environments,
    HCII2017, July 2017.
  • Tomohiro Tanikawa, Junichi Nakano, Shohei Osawa, Takuji Narumi, Michitaka Hiros:
    Reminiscent Window: On-site AR exhibition system for regional community revitalization by archiving and sharing regional cultural resources,
    HCII2017, July 2017.
  • Takuji Narumi, Yusuke Ujitoko, Yuki Ban, Tomohiro Tanikawa, Koichi Hirota and Michitaka Hirose:
    Resistive Swipe: Visuo-Haptic Interaction during Swipe Gestures to Scroll Background Images on Touch Interfaces,
    World Haptics 2017, June 2017.
  • Keita Suzuki, Masanori Yokoyama, Shigeo Yoshida, Takayoshi Mochizuki, Tomohiro Yamada, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose:
    FaceShare: Mirroring with Pseudo-Smile Enriches Video Chat Communications,
    CHI2017, May. 2017.
  • Yuqian Sun, Takuji Narumi, Shigeo Yoshida, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Basic Study for Emotion Regulation Based on a Two-Factor Theory of Emotion,
    ASIAGRAPH2017, May. 2017.
  • Keigo Matsumoto, Takuji Narumi, Yuki Ban, Tomohiro Tanikawa, and Michitaka Hirose:
    Turn physically curved paths into virtual curved paths,
    IEEE VR 2017, Mar. 2017.
  • Shoichi Tagami, Shigeo Yoshida, Nami Ogawa, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Routine++: Implementing Pre-Performance Routine in a Short Time with an Artificial Success Simulator,
    AH2017, Mar. 2017.
  • Nami Ogawa, Takuji Narumi and Michitaka Hirose:
    Distortion in perceived size and body-based scaling in virtual environments,
    AH2017, Mar. 2017.
  • Ryohei Fushimi, Eisuke Fujinawa, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Vibrat-o-matic: producing vibrato effects with EMS,
    AH2017, Mar. 2017.
  • Ryosuke Mita, Toshiki Takeuchi, Tomohiro Tanikawa, Takuji Narumi and Michitaka Hirose:
    Early Warning of Task Failure using Task Processing Logs,
    AH2017, Mar. 2017.
  • Yuki Kinoshita, Masanori Yokoyama, Shigeo Yoshida, Takayoshi Mochizuki, Tomohiro Yamada, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose:
    Transgazer: Improving Impression by Switching Direct and Averted Gaze Using Optical Illusion,
    HRI2017, Mar. 2017.
  • Sho Sakurai, Yuki Ban, Toki Katsumura, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose:
    Sharing Emotion described as text on the Internet by changing self-physiological perception,
    HAI2016, Oct. 2016.
  • Masato Nomiyama, Toshiki Takeuchi, Hiroyuki Onimaru, Tomohiro Tanikawa, Takuji Narumi,and Michitaka Hirose:
    Travel planning system considering experience flows based on driving histories,
    In Proceedings of the 2016 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing: Adjunct, p.177-180, Sep. 2016.
  • Ryohei Tanaka, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, and Michitaka Hirose: Guidance Field: Vector Field for Implicit Guidance in Virtual Environments, SIGGRAPH 2016 Emerging Technologies, July 2016.
  • Keigo Matsumoto, Yuki Ban, Takuji Narumi, Yohei Yanase, Tomohiro Tanikawa, and Michitaka Hirose: Unlimited Corridor: Redirected Walking Techniques using Visuo Haptic Interaction, SIGGRAPH 2016 Emerging Technologies, July 2016.
  • Sho Sakurai, Yuki Ban, Nami Ogawa, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose:
    Diminished Agency: Attenuating a sense of agency for problem finding on personal physical performance,
    HCII2016, July 2016.
  • Tomohiro Tanikawa, Rihito Hashido, Takuji Narumi, Michitaka Hirose:
    Livelog: Sensing and inducing Japanese idol fan activities with smartphone,
    HCII2016, July 2016.
  • Sohei Osawa, Ryohei Tanaka, Junichi Nakano, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose:
    Crowd-Cloud Window to the Past: Constructing a Photo Database for On-Site AR Exhibitions by Crowdsourcing,
    HCII2016, July 2016.
  • Takuji Narumi, Hiroyuki Yabe, Shunsuke Yoshida, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose:
    Encouraging People to Interact with Interactive Systems in Public Spaces by Managing Lines of Participants,
    HCII2016, July 2016.
  • Yuta Sakakibara, Ryohei Tanaka, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose:
    Increasing User Appreciation of Spherical Videos by Finger Touch Interaction,
    HCII2016, July 2016.
  • Yuki Kinoshita, Masanori Yokoyama, Keita Suzuki, Takayoshi Mochizuki, Tomohiro Yamada, Sho Sakurai, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose:
    Transcendent Telepresence: Tele-communication better than Face to Face interaction,
    HCII2016, July 2016.
  • Nami Ogawa, Yuki Ban, Sho Sakurai, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Metamorphosis Hand: Interactive Experience of Embodying Virtually Transformed Hands,
    Virtual Reality International Conference (VRIC 2016), Mar. 2016.
  • Nami Ogawa, Yuki Ban, Sho Sakurai, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Metamorphosis Hand: Interactive Experience of Embodying Virtually Transformed Hands,
    Laval Virtual ReVolution 2016, Mar. 2016.
  • Ryohei Tanaka, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Guidance Field: Potential Field to Guide Users to Target Locations in Virtual Environments,
    3DUI 2016, pp.39-48, Mar. 2016.
  • Ryohei Tanaka, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Motive Compass: Navigation Interface for Locomotion in Virtual Environments Constructed with Spherical Images,
    3DUI 2016, pp.59-64, Mar. 2016.
  • Keigo Matsumoto, Yuki Ban, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Combining Passive Haptic Cues with Redirected Walking for Improving the Manipulation Techniques,
    3DUI 2016, pp.105-108, Mar. 2016.
  • Yuki Ban, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Evaluation of The Effect of The Visuo-haptic Interaction for The Shape Perception by Measuring The Movement of A Fingertip,
    ASIAGRAPH 2016, Mar. 2016.
  • Taiju Aoki, Sohei Osawa, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose:
    Basic Study for Expanding Object Recognition Area in AR Exhibition by Adding Reference Images,
    ASIAGRAPH2016, Mar. 2016.
  • Keita Suzuki, Masanori Yokoyama, Yuki Kinoshita, Takayoshi Mochizuki, Tomohiro Yamada, Sho Sakurai, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Enhancing Effect of Mediated Social Touch between Same Gender by Changing Gender Impression,
    Augmented Human 2016, Feb. 2016. [Third Best Paper Award受賞]
  • Akira Nomoto, Yuki Ban, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Supporting precise manual-handling task using visuo-haptic interaction,
    Augmented Human 2016, Feb. 2016.
  • Nami Ogawa, Yuki Ban, Sho Sakurai, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Metamorphosis Hand: Dynamically Transforming Hands,
    Augmented Human 2016, Feb. 2016.
  • Tomohiro Tanikawa, Hidenori Uzuka, Takuji Narumi and Michitaka Hirose:
    Integrated View-Input AR Interaction for Virtual Object Manipulation using Tablets and Smartphones,
    ACE2015, Nov. 2015.
  • Sho Sakurai, Takuji Narumi, Yuki Ban, Tomohiro Tanikawa, and Michitaka Hirose:
    CalibraTable: Tabletop System for Influencing Eating Behavior,
    SIGGRAPH ASIA 2015 Emerging Technologies, 2015.
  • Yusuke Ujitoko, Yuki Ban, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Koichi Hirota and Michitaka Hirose:
    Yubi-Toko: Finger Walking in Snowy Scene using Pseudo-haptic technique on Touchpad,
    SIGGRAPH ASIA 2015 Emerging Technologies, 2015.
  • Naoya Okada, Naoto Nakazato, Toshiki Takeuchi, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, and Michitaka Hirose: Interactive interface for expressway travel planning with traffic predictions. In Proceedings of the 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and Proceedings of the 2015 ACM International Symposium on Wearable Computers, pp. 13-16, Sep. 2015.
  • Ryohei Tanaka, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Attracting user’s attention in spherical image by angular shift of virtual camera direction,
    SUI2015, Aug. 2015.[ACM SUI2015 Short paper honorable mention受賞]
  • Yuki Ban, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose:
    Air Haptics: Displaying feeling of contact with AR object using visuo-haptic interaction,
    SIGGRAPH 2015 Emerging Technoligies, Aug.2015.
  • Sho Sakurai, Takuji Narumi, Toki Katsumura, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Basic study of Evoking An Emotion through Extending One's Body Image by Integration of Internal Sense and External Sense,
    HCII2015, Aug. 2015.
  • Eiji Suzuki, Takuji Narumi, Sho Sakurai, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Changing Drinking Behavior and Beverage Consumption Using Augmented Reality,
    HCII2015, Aug. 2015.
  • Sho Sakurai, Eisuke Fujinawa, Mashiko Izumi, Takuji Narumi, Osamu Houshuyama, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Induction of human behavior by presentation of environmental acoustics,
    In Human Interface and the Management of Information. Information and Knowledge Design, pp. 582-594, Springer International Publishing, Aug. 2015.
  • Tomohiro Tanikawa, Ryo Kiyama, Kanji Ohara, Takuji Narumi and Michitaka Hirose: Virtual Bogie: Exhibition System to understand Mechanism of Bogie with Digital Display Case,
    HCII2015, Aug. 2015.
  • Yuki Ban, Takashi Kajinami, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Virtual Jizai-Ryu: Hi-fidelity Interactive Virtual Exhibit with Digital Display Case,
    HCII2015, Aug. 2015.
  • Naoya Okada, Jun Imura, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, and Michitaka Hirose: Manseibashi Reminiscent Window: On-Site AR Exhibition System Using Mobile Devices. In Distributed, Ambient, and Pervasive Interactions, pp. 349-361, Springer International Publishing, 2015.
  • Toshiki Takeuchi, Tatsuya Fujii, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Considering Individual Taste in Social Feedback to Improve Eating Habits,
    7th Workshop on Multimedia for Cooking and Eating Activities (CEA’15), pp.1-6, June 2015.
  • Sho Sakurai, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    A Proposal of A Game Controller for Evoking Emotion by Creating An Illusion of Perception of One’s Bodily Response around Hand,
    ASIAGRAPH 2015, April 2015.
  • Yuki Ban, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Modifying a body perception and an actual motion by visual stimuli of distorted physical exercise using shadow metaphor,
    ASIAGRAPH 2015, April 2015.
  • Yuki Ban, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    MagicPot360: Free Viewpoint shape Display Modifying the Perception of shape,
    IEEE VR 2015 Demos, Mar. 2015. [IEEE VR 2015 Best Demo Award受賞]
  • Junichi Nakano, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Implementation of on-site virtual time machine for mobile devices,
    IEEE VR 2015, Mar. 2015.
  • Yuki Ban, Takashi Kajinami, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    High-Definition Digital Display Case with the Image-based Interaction,
    IEEE VR 2015, Mar. 2015.
  • Takanori Uzuka, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Integrated View-Input Interaction Method for Mobile AR, 3DUI 2015, Mar. 2015.
  • Yuki Ban, Sho Sakurai, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Improving Work Productivity by Controlling the Time Rate Displayed by the Virtual Clock,
    Augmented Human 2015, pp.25-32, Mar. 2015.
  • Sho Sakurai, Yuki Ban, Toki Katsumura, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Communious Mouse: A Mouse Interface to Experience Emotion in Remarks on The Web by Extending and Modulating One’s Body Image,
    SIGGRAPH Asia 2014 Emerging Technologies, Article No. 4, Dec. 2014.
  • Yuki Ban, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Displaying shapes with various types of surfaces using visuo-haptic interaction,
    20th ACM Symposium on Virtual Reality Software and Technology, pp.191-196, Nov. 2014.
  • Chie Suzuki, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Affecting Tumbler: Affecting our flavor perception with thermal feedback,
    11th Advances in Computer Entertainment Technology Conference (ACE2014), Nov. 2014. [ACE Gold Paper Award受賞]
  • Toshiki Takeuchi, Tatsuya Fujii, Kyohei Ogawa, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Using Social Media to Change Eating Habits without Conscious Effort,
    CEA2014, pp.527-535, Sep. 2014.
  • Naoto Nakazato, Takuji Narumi, Toshiki Takeuchi, Tomohiro Tanikawa, Kyohei Suwa, and Michitaka Hirose:
    Influencing driver behavior through future expressway traffic predictions,
    Proceedings of the 2014 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing: Adjunct Publication, pp. 127-130, Sep. 2014.
  • Sho Sakurai, Toki Katsumura, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Evoking Emotions in a Story Using Tactile Sensations as Pseudo-body Responses with Contextual Cues,
    Human Interface and the Management of Information. Information and Knowledge Design and Evaluation. Springer International Publishing, pp.241-250, July 2014.
  • Takuji Narumi, Hiroshi Ohara, Ryo Kiyama, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Switching the Level of Abstraction in Digital Exhibitions to Provide an Understanding of Mechanisms,
    Human Interface and the Management of Information. Information and Knowledge in Applications and Services. Springer International Publishing, pp.567-576, July 2014.
  • Tomohiro Tanikawa, Jun Imura, Takuji Narumi and Michitaka Hirose:
    Manseibashi Reminiscent Window: Reliving Past Scene Experience System by using User's Own Devices,
    HCII2014, July 2014.
  • Sho Sakurai, Toki Katsumura, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose:
    Evoking Emotions by Presenting Pseudo-Bodily Responses and a Contextual Cue,
    ASIAGRAPH 2014 in Bali Posters, April 2014.
  • Eiji Suzuki, Takuji Narumi, Sho Sakurai, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Illusion Cup: Interactive Controlling of Beverage Consumption Based on an Illusion of Volume Perception,
    Augmented Human 2014, Mar. 2014.
  • Yuki Taima, Yuki Ban, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose:
    Controlling Fatigue while Lifting Objects using Pseudo-haptics in a Mixed Reality Space,
    Haptics Symposium 2014, pp.175-180, Feb. 2014.
  • Yuki Ban, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose:
    Controlling Perceived Stiffness of Pinched Objects Using Visual Feedback of Hand Deformation,
    Haptics Symposium 2014, pp.557-562, Feb. 2014.
  • Arata Kokubun, Yuki Ban, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose:
    Representing Normal and Shearing Forces on the Mobile Device with Visuo-haptic Interaction and a Rear Touch Interface,
    Haptics Symposium 2014, pp.415-420, Feb. 2014.
  • Naoto Nakazato, Shigeo Yoshida, Sho Sakurai, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Smart Face: Enhancing Creativity During Video Conferences using Real-time Facial Deformation,
    ACM CSCW 2014, pp.75-83, Feb. 2014.
  • Takuji Narumi:
    Augmenting Human Experience with Perception-Based Displays Utilizing Illusions,
    IDW'13, Dec. 2013
  • Arata Kokubun, Yuki Ban, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    ARAtouch: Visuo-haptic Interaction with Mobile Rear Touch Interface,
    ACM SIGGRAPH ASIA 2013 Emerging Technologies, 2, Nov. 2013.
  • Sho Sakurai, Toki Katsumura, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Comix: beyond: Evoking Multiple Emotions using Pseudo Body Responses Depending on the Context,
    ACM SIGGRAPH ASIA 2013 Emerging Technologies, 3, Nov. 2013.
  • Toshiki Takeuchi, Kyohei Suwa, Hiroto Tamura, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    A Task-Management System using Future Prediction Based on Personal Lifelogs and Plans,
    Ubicomp 2013, pp.235-238, Oct. 2013.
  • Shigeo Yoshida, Sho Sakurai, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Incendiary reflection: evoking emotion through deformed facial feedback,
    SIGGRAPH 2013 Talks, July 2013.
  • Shigeo Yoshida, Sho Sakurai, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Incendiary reflection: evoking emotion through deformed facial feedback,
    SIGGRAPH 2013 Emerging Technologies, 8:1, July 2013.
  • Arata Kokubun, Yuki Ban, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose:
    Visuo-haptic interaction with mobile rear touch interface,
    SIGGRAPH 2013 Posters, 38:1, July 2013.
  • Yuki Ban, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose:
    Pot the magic pot: interactive modification of the perceived angular shape,
    SIGGRAPH 2013 Posters, 37:1, July 2013.
  • Takuji Narumi, Torahiko Kasai, Takumi Honda, Kunio Aoki, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose:
    Digital Railway Museum: An Approach to Introduction of Digital Exhibition Systems at the Railway Museum,
    HCII2013, July 2013.
  • Tomohiro Tanikawa, Takuji Narumi, Michitaka Hirose:
    Mixed Reality Digital Museum Project,
    In Human Interface and the Management of Information. Information and Interaction for Learning, Culture, Collaboration and Business, pp. 248-257, Springer Berlin Heidelberg, July 2013.
  • Sho Sakurai, Takuji Narumi, Yuki Ban, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose:
    Affecting Our Perception of Satiety by Changing The Size of Virtual Dishes Projected with a Tabletop Display,
    HCII2013, July 2013.
  • Yuki Ban, Takuji Narumi, Tatsuya Fujii, Sho Sakurai, Jun Imura, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Augmented Endurance: Controlling Fatigue while Handling Objects by Affecting Weight Perception using Augmented Reality,
    CHI2013, pp.69-78, April 2013.
  • Takuya Arakawa, Kazuhiro Kasada, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Augmented Reality System for Overlaying a Scene in a Video onto Real World and Reliving the Camera Operator's Experience,
    IEEE VR 2013, pp.35-42, Mar. 2013.
  • Kazuya Murakami, Ryo Kiyama, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    A Wearable Augmented Reality System with Haptic Feedback and Its Performance in Virtual Assembly Tasks,
    3DUI 2013, Mar. 2013.
  • Shigeo Yoshida, Sho Sakurai, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Manipulation of an Emotional Experience by Real-time Deformed Facial Feedback,
    Augmented Human 2013, pp.35-42, Mar. 2013.
  • Yuki Ban, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Modifying an Identified Position of Edged Shapes Using Pseudo-Haptic Effects,
    The 18th ACM symposium on virtual reality software and technology (VRST2012), pp.93-96, Dec. 2012.
  • Takuji Narumi, Yuki Ban, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Augmented Satiety: Interactive Nutritional Intake Controller,
    SIGGRAPH Asia 2012 Emerging Technologies, 3:1-3, Nov. 2012.
  • Sho Sakurai, Toki Katsumura, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Interactonia Balloon,
    SIGGRAPH Asia 2012 Emerging Technologies, Nov. 2012.
  • Tomohiro Tanikawa, Yuma Muroya, Takuji Narumi and Michitaka Hirose:
    Reflex-based Navigation by Inducing Self-motion Perception with Head-Mounted Vection Display,
    ACE2012, pp.398-405, Nov. 2012.
  • Masamichi Ueta, Osamu Hoshuyama, Takuji Narumi, Sho Sakurai, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Juke Cylinder: Sound Image Augmentation to Metamorphose Hands into a Musical Instrument,
    ACE2012, pp. 453-460,Nov. 2012.
  • Kyohei Ogawa, Yukari Hori, Toshiki Takeuchi, Takuji Narumi, Tomohiro Tanigawa and Michitaka Hirose:
    Table Talk Enhancer: Communication visualizing system for enhancing and balancing utterance rates,
    4th Workshop on Multimedia for Cooking and Eating Activities (CEA2012), pp.25-30, Oct. 2012.
  • Yuki Ban, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose:
    Modifying an Identified Size of Objects Handled with Two Fingers Using Pseudo-Haptic Effects,
    Joint Virtual Reality Conference of ICAT - EGVE - EuroVR 2012, pp.1-8, Oct. 2012. [Best Paper Award受賞]
  • Sho Sakurai, Yuki Ban, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose:
    Augmented Dining Table for Affecting Our Food Consumption,
    Joint Virtual Reality Conference of ICAT - EGVE - EuroVR 2012, Oct. 2012.
  • Sho Sakurai, Shigeo Yoshida, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Psynteraction Chair: A proposal of a system for induction of interpersonal behavior by using comic book images as ambient information,
    The 18th International Conference on Virtual Systems and Multimedia, pp.549-552, Sep. 2012.
  • Takuya Arakawa, Kazuhiro Kasada, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Reliving Video Experience with Mobile Devices,
    The 18th International Conference on Virtual Systems and Multimedia, pp.581-584, Sep. 2012.
  • Totaro Nakashima, Toshiki Takeuchi, Kunihiro Nishimura, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Recording and Superimposing Visitors in a Museum for Sharing Exhibition Experiences,
    The 18th International Conference on Virtual Systems and Multimedia, pp.569-572, Sep. 2012.
  • Ryo Kiyama, Takashi Kajinami, Masamichi Ueta, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Digital Display Case to Convey Dynamic Mechanisms of Exhibits,
    The 18th International Conference on Virtual Systems and Multimedia, pp.299-306, Sep. 2012.
  • Yuki Ban, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Magic Pot: Interactive Metamorphosis of the Perceived Shape,
    SIGGRAPH 2012 Emerging Technologies, 14:1, Aug. 2012.
  • Masamichi Ueta, Osamu Hoshuyama, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    JUKE Cylinder: a device to metamorphose hands to a musical instrument,
    SIGGRAPH 2012 Emerging Technologies, Aug. 2012.
  • Yuki Ban, Takashi Kajinami, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Modifying an Identified Angle of Edged Shapes Using Pseudo-Haptic Effects,
    EuroHaptics 2012, pp. 25-36, June 2012.
  • Takuji Narumi, Yuki Ban, Takashi Kajinami, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Augmented Perception of Satiety: Controlling Food Consumption by Changing Apparent Size of Food with Augmented Reality,
    CHI2012, pp.109-118, May 2012.
  • Yuki Ban, Takashi Kajinami, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose: Modifying an Identified Curved Surface Shape Using Pseudo-Haptic Effect, The 2012 IEEE Haptics Symposium (HAPTICS2012), pp.211-216, Mar. 2012.
  • Sho Sakurai, Shigeo Yoshida, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Intra-expo: Augmented Emotion By Superimposing Comic Book Images,
    The 21st International Conference on Artificial Reality and Telexistence 2011 (ICAT2011), Nov. 2011.
  • Kentaro Kimura, Osamu Hoshuyama, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose:
    Sound-Power Visualization System for Real-World Interaction Based on Ultrasonic Power Transmission,
    ACM International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology 2011 (ACE2011), 60:1-8, Nov. 2011.
  • Sho Sakurai, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Augmented Emotion by Superimposing Depiction in Comics,
    ACM International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology 2011 (ACE2011), Nov. 2011.
  • Toshiki Takeuchi, Totaro Nakashima, Kunihiro Nishimura, Tomohiro Tanikawa, Takuji Narumi and Michitaka Hirose:
    PRIMA --A System for Interaction among Different Time Using Multiple Kinect Sensors --,
    ASIAGRAPH 2011 in Tokyo Proceedings, Vol.5, No.1, p.110, Tokyo (2011.10.20-22)
  • Michitaka Hirose, Tomohiro Tanikawa, Takuji Narumi:
    Digital Museum Project - Application of Virtual Reality for Museum Exhibits,
    5th International Universal Communication Symposium (IUCS2011), pp.23-26, Oct. 2011.
  • Yuki Ban, Takashi kajinami, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose:
    Basic study on the visual-haptic system to give a sense of shape using pseudo-haptic effects,
    i-Perception 2(8) 851, Oct. 2011.
  • Yuki Ban, Takashi Kajinami, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hitrose:
    Meta-ryoshka: Haptic lllusion on Perceving Shape,
    SIGGRAPH 2011 Posters, August 9-11, 2011.
  • Takuji Narumi, Oribe Hayashi, Kazuhiro Kasada, Mitsuhiko Yamazaki, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Digital Diorama: AR Exhibition System to Convey Background Information for Museums,
    In Virtual and Mixed Reality-New Trends, pp.76-86, Springer Berlin Heidelberg, July 2011.
  • Takuji Narumi, Shinya Nishizaka, Takashi Kajinami, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Meta Cookie: An Illusion-based gustatory display,
    the 14th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2011), pp.260-269, July 2011.
  • Tomohiro Tanikawa, Aiko Nambu, Takuji Narumi, Kunihiro Nishimura and Michitaka Hirose:
    Olfactory Display Using Visual Feedback Based on Olfactory Sensory Map,
    the 14th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2011), pp.280-289, July 2011.
  • Takashi Kajinami, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Digital Display Case Using Non-contact Head Tracking,
    the 14th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2011), pp.250-259, July 2011.
  • Takafumi Watanabe, Kenji Inose, Makoto Ando, Takashi Kajinami, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose:
    Digital Display Case: A Study on the Realization of a Virtual Transportation System for a Museum Collection,
    the 14th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2011), pp.206-214, July 2011.
  • Takuji Narumi, Shinya Nishizaka, Takashi Kajinami, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Augmented Reality Flavors: Gustatory Display Based on Edible Marker and Cross-Modal Interaction,
    CHI2011, pp.93-102, May 2011.
  • Takuji Narumi, Takashi Kajinami, Shinya Nishizaka, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Pseudo-Gustatory Display System Based on Cross-Modal Integration of Vision, Olfaction and Gustation,
    IEEE VR 2011, Mar. 2011.
  • Masaaki Miyaura, Takuji Narumi, Kunihiro Nishimura, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Olfactory Feedback System to Improve the Concentration Level Based on Biological Information,
    IEEE VR 2011, pp.139-142, Mar. 2011.
  • Takuji Narumi, Shinya Nishizaka, Takashi Kajinami, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    MetaCookie+,
    IEEE VR 2011 Research Demo, pp.265-266, Mar. 2011.
  • Shinya Nishizaka, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Detection of Divided Planar Object for Augmented Reality Applications,
    IEEE VR 2011 Posters, pp.231-232, Mar. 2011. [Best Poster Award受賞]
  • Shinya Nishizaka, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Detection of Divided Planar Object for Augmented Reality Applications,
    IEEE VR 2011 Research Demo, pp.267-268, Mar. 2011.
  • Sho Sakurai, Takatsugu Kuriyama, Takuji Narumi, Yasuo Kuniyoshi, Masato Sasaki and Michitaka Hirose:
    weather-vox central: Promotion of Mood Sharing by Extraction of Mood Information from Voice and Presentation to a Shared Space,
    20th International Conference on Artificial Reality and Telexistence (ICAT2010) Posters, Dec. 2010.
  • Takashi Kajinami, Oribe Hayashi, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Digital Display Case: Museum Exhibition System to Convey Background Information about Exhibits,
    The 16th International Conference on Virtual Systems and Multimedia, pp.230-233, Oct. 2010.
  • Toshiki Takeuchi, Masayuki Ono, Yusuke Onojima, Shigeo Yoshida, Kentaro Kimura, Sho Sakurai, Oribe Hayashi, Takuji Narumi, Kunihiro Nishimura, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Visualization of Simultaneous Experiences by Multi Sided Recording of an Event,
    The 16th International Conference on Virtual Systems and Multimedia, Oct. 2010.
  • Toshiki Takeuchi, Takuji Narumi, Kunihiro Nishimura, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Receiptlog Applied to Forecast of Personal Consumption,
    The 16th International Conference on Virtual Systems and Multimedia, Oct. 2010.
  • Mitsuhiko Yamazaki, Kazuhiro Kasada, Oribe Hayashi, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose:
    Wide FOV displays for Digital Museum,
    The 16th International Conference on Virtual Systems and Multimedia, Oct. 2010.
  • Oribe Hayashi, Kazuhiro Kasada, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose:
    Digital Diorama System for Museum Exhibition,
    the 9th IEEE and ACM International Symposium on Mixed and Augmented Reality (ISMAR 2010) Posters, pp.231-232, Oct. 2010.
  • Takashi Kajinami, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose:
    Study on the Synthesis of the Sense of Grasping with Visual Feedback,
    ASIAGRAPH in Tokyo 2010, Oct. 2010.
  • Kazuhiro Kasada, Oribe Hayashi, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose:
    On-site Virtual Time Machine with Navigation to Past Camera Position,
    ASIAGRAPH in Tokyo 2010, Oct. 2010.
  • Shinya Nishizaka, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose:
    Edible Marker: The Lack and Occlusion Capable AR Marker for AR Food,
    ASIAGRAPH in Tokyo 2010, Oct. 2010.
  • Takuji Narumi, Takashi Kajinami, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose:
    Meta Cookie,
    SIGGRAPH 2010 Emerging Technologies, July 2010.
  • Takuji Narumi, Takashi Kajinami, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose:
    Meta Cookie,
    SIGGRAPH 2010 Posters, July 2010. [Student Research Competition Semi-Finalists]
  • Toshiki Takeuchi, Takuji Narumi, Kunihiro Nishimura, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose:
    Forecast and Visualization of Future Expenditure With Logging and Analyzing of Receipts,
    SIGGRAPH 2010 Posters, July 2010.
  • Takashi Kajinami, Oribe Hayashi, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose:
    Digital Display Case: The Exhibition System for Conveying Background Information,
    SIGGRAPH 2010 Posters, July 2010.
  • Tomohiro Tanikawa, Takashi Kajinami, Kazuhiro Kasada, Oribe Hayashi, Takuji Narumi, Michitaka Hirose:
    Mixed Reality Digital Museum --- Digital Display Case and Digital Diorama,
    ASIAGRAPH 2010 in Shanghai, June 14-16, 2010.
  • Takuji Narumi, Munehiko Sato, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose:
    Evaluating Cross-Sensory Perception of Superimposing Virtual Color onto Real Drink: Toward Realization of Pseudo-Gustatory Displays,
    ACM the 1st Augmented Human International Conference, 18, April 2010.
  • Aiko Nambu, Takuji Narumi, Kunihiro Nishimura, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose:
    Visual-Olfactory Display Using Olfactory Sensory Map,
    IEEE VR 2010, pp.39-42, Mar. 2010.
  • Takuji Narumi, Tomohiro Akagawa, Young Ah Seong, Michitaka Hirose:
    An Entertainment System using ThermalFeedback for Increasing Communication and Social Skills,
    The 4th International Conference on E-Learning and Games (Edutainment 2009), Aug. 2009, pp.184-195, Banff, Canada.
  • Takuji Narumi, Tomohiro Akagawa, Young Ah Seong, Michitaka Hirose:
    Thermotaxis,
    ACM SIGGRAPH Posters, Aug. 2009.
  • Takuji Narumi, Tomohiro Akagawa, Young Ah Seong, Michitaka Hirose:
    Characterizing the Space by Thermal Feedback through a Wearable Device,
    HCI International 2009, pp.355-364, July 2009.
  • Tomohiro Akagawa, Takuji Narumi, Young Ah Seong, Takashi Kiriyama:
    Characterizing the Space by Presenting Non-Visual Information,
    4th International Symposium on Location and Context Awareness (LoCA2009), pp.271-282, May 2009.
  • Young Ah Seong, Takuji Narumi, Tomohiro Akagawa:
    Thermotaxis,
    The proceedings of Virtual Reality International Conference 2009 (VRIC'09), Laval Virtual ReVolution 2009, April 2009.
  • Takuji Narumi, Tomohiro Akagawa, Young Ah Seong, Michitaka Hirose:
    Absolute Field: Proposal for a Re-configurable Spatial Structure,
    ACM International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology (ACE2008), pp.67-70, Dec. 2008.
  • Takuji Narumi, Tomohiro Akagawa, Young Ah Seong, Michitaka Hirose:
    Absolute Field - The space reconstructed by memories of the people,
    ASIAGRAPH in Tokyo 2008, 2008.
  • Hiroko Nozawa, Takuji Narumi, Kunihiro Nishimura, Michitaka Hirose:
    Heart-Beat Invader - Game Design to Promote Communication Between Two Users,
    ASIAGRAPH in Tokyo 2008, Vol.2, No.2, pp.230-233, 2008.
  • Aiko Nambu, Takuji Narumi, Kunihiro Nishimura, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose:
    A Study of Providing Colors to Change Olfactory Perception - Using "flavor of color",
    ASIAGRAPH in Tokyo 2008, Vol.2, No.2, pp.265-268, Oct. 2008.
  • Takuji Narumi, Yasushi Hada, Hajime Asama, Kunihiro Tsuji:
    Pedestrian route guidance system using moving information based on personal feature extraction,
    IEEE International Conference on Multisensor Fusion and Integration for Intelligent Systems (MFI2008), pp.94-99, Aug. 2008.
  • Hiroko Nozawa, Takuji Narumi, Kunihiro Nishimura, Michitaka Hirose:
    Beat story: life-log system of subjective time using heart beat rate,
    ACM SIGGRAPH 2008 Posters, p.121, 2008.
  • Takuji Narumi, Atsuthi Hiyama, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose:
    Mobile interface using visible-light communication technology for pervasive computing environment,
    ACM SIGGRAPH 2008 Posters, Aug. 2008.
  • Aiko Nambu, Takuji Narumi, Kunihiro Nishimura, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose:
    nioi cafe: olfactory display system with visual feedback,
    ACM SIGGRAPH 2008 Posters, p.92, Aug. 2008.[Student Research Competition Semi-Finalists]
  • Takuji Narumi, Atsushi Hiyama, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose:
    Interaction Design Using Visible Light Communication User Interface for Collaborative Activity,
    ASIAGRAPH 2008 in Shanghai, June 2008.
  • Takuji Narumi, Atsushi Hiyama, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose:
    inter-glow - Multi-user Interaction Using Multiplexed Visible Light Communication User Interface,
    ASIAGRAPH 2008 in Shanghai Demo, June 2008.
  • Takuji Narumi, Atsushi Hiyama, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose:
    inter-glow,
    SIGGRAPH 2007 Emerging Technologies, Aug. 2007.
  • Takuji Narumi, Atsushi Hiyama, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose:
    inter-glow,
    SIGGRAPH 2007 Posters, Aug. 2007.
  • Takuji Narumi, Atsushi Hiyama, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose:
    inter-glow: Interaction by Controlling Light,
    ACM International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology 2007 (ACE2007), pp.276-277, June 2007.

■国内学会(査読付き)

  • 小川奈美,伴祐樹,櫻井翔,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    えくす手: 変調バーチャルハンドへの即応的な身体所有感の生起による身体拡張システム,
    インタラクション2016, 3C60, Mar.2016.
  • 田中遼平,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    全天周画像を用いた空間再構成と利活用
    CEDEC2015 インタラクティブセッション,2015年8月.
  • 伴祐樹,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    視覚触覚間相互作用を利用した形状提示システム,
    CEDEC2013 インタラクティブセッション,2013年8月.
  • 宇塚貴紀,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    VR空間でのインタラクションにおけるしっくり感,
    CEDEC2012 インタラクティブセッション, 2012年8月.
  • 鳴海拓志,伴祐樹,梶波崇,谷川智洋,廣瀬通孝:
    拡張満腹感:拡張現実感を利用した食品の見た目の操作による満腹感のコントロール,
    インタラクション2012, Mar.2012.
  • 吉田成朗, 鳴海拓志, 橋本直, 谷川智洋, 稲見昌彦, 五十嵐健夫, 廣瀬通孝:
    ジェスチャ操作型飛行ロボットによる身体性の拡張, インタラクション2012, Mar. 2012.
  • 鳴海拓志, 谷川智洋, 廣瀬通孝:
    Meta Cookie: 拡張現実感によって味が変化するクッキー,
    インタラクション2010, Mar.2010. [ベストインタラクティブ賞受賞]
  • 澤田耕司,鳴海拓志,鈴木康広,山崎俊彦,相澤清晴,廣瀬通孝:
    風見鶏の視線,
    インタラクション2010, Mar.2010.
  • 鳴海拓志, 檜山敦, 谷川智洋, 廣瀬通孝:
    inter-glow: 光を操作するインタラクション,
    インタラクション2007, pp37-38, Mar.2007.
  • 鳴海拓志, 羽田靖史, 淺間一, 辻邦浩:
    "個人の特徴抽出を利用した動的な映像による動線誘導"
    第11回ロボティクス・シンポジア, Mar. 2006.

■国内学会(査読なし)

  • 青木大樹,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    ミュージアムにおけるVR技術の導入とその動向,
    第112回 人文科学とコンピュータ研究会発表会, 2016年10月.
  • 鳴海拓志,宇治土公雄介,伴祐樹,谷川智洋,広田光一,廣瀬通孝:
    タッチパネルでの背景移動量操作による擬似触力覚提示において手が見えることの効果の検証,
    第21回日本バーチャルリアリティ学会大会予稿集,2016年9月
  • 岩崎翔,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    三次元再構成における画像歪みの定量評価に基づくVR空間鑑賞誘導場の提案,
    第21回日本バーチャルリアリティ学会大会予稿集,2016年9月
  • 泉田晋佑,竹内俊貴,谷川智洋,鬼丸寛之,鳴海拓志,廣瀬通孝:
    自動車観光体験の向上のための記録映像の再構成に関する研究,
    第21回日本バーチャルリアリティ学会大会予稿集,2016年9月
  • 榊原佑太,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    VR空間におけるユーザ間の位置・視線方向の共有が鑑賞行動に与える影響の評価,
    第21回日本バーチャルリアリティ学会大会予稿集,2016年9月
  • 小川奈美,伴祐樹,櫻井翔,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    バーチャル身体の形状と動きの変換が身体所有感と身体図式に与える影響,
    第21回日本バーチャルリアリティ学会大会予稿集,2016年9月
  • 大澤壮平,仲野潤一,青木大樹,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    地域ARのための過去写真のリフォトグラフィ支援UIに関する研究,
    第21回日本バーチャルリアリティ学会大会予稿集,2016年9月
  • 三ヶ尻陽一,青木大樹,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    全天球画像で構築したVR空間を移動するインタフェース ーバーチャルパッドと傾きインタフェースの比較ー,
    第21回日本バーチャルリアリティ学会大会予稿集,2016年9月
  • 櫻井翔,伴祐樹,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    時計の外観および動作が作業速度に与える影響の検証,
    第21回日本バーチャルリアリティ学会大会予稿集,2016年9月
  • 徳茂宏之,三ヶ尻陽一,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    安全運転支援システムにおける情報提示手法に関する検討,
    第21回日本バーチャルリアリティ学会大会予稿集,2016年9月
  • 松尾宇人,櫻井翔,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    テーブルトップ型「作りたて感」向上システムの基礎検討,
    第21回日本バーチャルリアリティ学会大会予稿集,2016年9月
  • 鈴木啓太,横山正典,吉田成朗,木下由貴,望月崇由,山田智広,櫻井翔,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    同調的な表情変形技術を用いたコミュニケーション拡張に関する提案,
    第21回日本バーチャルリアリティ学会大会予稿集,2016年9月
  • 木下由貴,横山正典,鈴木啓太,望月崇由,山田智広,吉田成朗,櫻井翔,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    テレプレゼンスアバターにおける眼球の凹凸による視線の印象向上効果の検証,
    第21回日本バーチャルリアリティ学会大会予稿集,2016年9月
  • 田上翔一,吉田成朗,小川奈美,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    VRにより生起される擬似成功体験を用いたルーティーンの短期構築手法の検討,
    信学技報, vol. 116, no. 150, MVE2016-6, pp. 9-14, 2016年7月.
  • 三田涼介,竹内俊貴,谷川智洋,鳴海拓志,廣瀬通孝:
    タスク処理行動に関するライフログを用いたタスク成否予測の基礎的検討
    信学技報, vol. 116, no. 150, MVE2016-8, pp. 31-36, 2016年7月. [MVE賞受賞]
  • 野見山真人,竹内俊貴,鬼丸寛之,谷川智洋,鳴海拓志,廣瀬通孝:
    自動車の空間移動履歴に基づく体験の流れを考慮した観光計画システム,信学技報, vol. 116, no. 150, MVE2016-9, pp. 37-42, 2016年7月.
  • 小川奈美,伴祐樹, 櫻井翔, 鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    バーチャルハンドの形状と動きの変容が身体所有感の生起に与える影響の検討.
    第3回VRと超臨場感研究会, 20, VRUR03-03, pp.25-29,2015年12月.
  • 簗瀬洋平,鳴海拓志:
    誰でも神プレイできるジャンプアクションゲーム,
    第23回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ,1-R11, 2015年12月.
  • 川瀬佑司, 白石英明, 吉田成朗, 伊藤裕之, 斉藤直樹, 川本哲也:
    Mob Scene Filter: プライバシー保護のための容貌変化システムの提案,
    エンタテインメントコンピューティングシンポジウム 2015 論文集 2015, pp.51-58, 2015年9月.
  • 森数馬,鳴海拓志,小早川達,和田有史:
    呼吸状態に応じて匂い刺激を呈示する装置の作成,
    日本心理学会第79回大会,2015年9月.
  • 橋渡里仁, 竹内俊貴, 鳴海拓志, 谷川智洋, 廣瀬通孝:
    ライブ・コンサートにおける観客の盛り上がり度計測に関する基礎検討,
    第20回日本バーチャルリアリティ学会大会,11C-4,2015年9月.
  • 矢部博之, 鳴海拓志, 谷川智洋, 廣瀬通孝, 吉田俊介:
    デジタルパブリックアートに対する興味喚起手法に関する研究,
    第20回日本バーチャルリアリティ学会大会,13D-3,2015年9月.
  • 櫻井翔, 伴祐樹, 鳴海拓志, 谷川智洋, 廣瀬通孝:
    時計の表示時間速度制御による作業効率向上手法の検討,
    第20回日本バーチャルリアリティ学会大会,22D-1,2015年9月.
  • 田中遼平, 鳴海拓志, 谷川智洋, 廣瀬通孝:
    全天周画像空間における移動入力インタフェースの研究,
    第20回日本バーチャルリアリティ学会大会,21E-3,2015年9月.
  • 大澤壮平, 田中遼平, 仲野潤一, 鳴海拓志, 谷川智洋, 廣瀬通孝:
    クラウドソーシングを用いた地域ARコンテンツ用史料画像データベースの構築とその利活用に関する基礎的検討,
    第20回日本バーチャルリアリティ学会大会,21E-5,2015年9月.
  • 宇治土公雄介, 伴祐樹, 鳴海拓志, 谷川智洋, 広田光一, 廣瀬通孝:
    タッチパネル上での反復動作におけるPseudo-haptics,
    第20回日本バーチャルリアリティ学会大会,32A-1,2015年9月.
  • 鳴海拓志, 国分新, 伴祐樹, 谷川智洋, 廣瀬通孝:
    押下圧力計測に基づく視触力覚相互作用の評価,
    第20回日本バーチャルリアリティ学会大会,32A-2,2015年9月.
  • 伴祐樹, 鳴海拓志, 谷川智洋, 廣瀬通孝:
    自己接触感を利用したバーチャル物体把持感の提示,
    第20回日本バーチャルリアリティ学会大会,32A-5,2015年9月.
  • 野元彰,伴祐樹,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    visuo-hapticsを用いた作業精度向上支援手法の基礎的検討,
    信学技報, vol. 115, no. 125, MVE2015-17, pp. 57-62, 2015年7月.
  • 榊原佑太,田中遼平,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    モバイル端末を用いた全天周アーカイブ鑑賞のための歩行移動インタフェース,
    信学技報, vol. 115, no. 125, MVE2015-15, pp. 45-50, 2015年7月.
  • 大澤壮平,田中遼平,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    視聴覚刺激による映像追体験システムでの鑑賞動作の誘発・誘導,
    信学技報, vol. 115, no. 125, MVE2015-12, pp. 29-34, 2015年7月.
  • 木下由貴,横山正典,鈴木啓太,望月崇由,山田智広,櫻井翔,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    眼球形状の切り替えにより視線効果を調節可能なテレプレゼンスアバターの基礎検討,
    信学技報, vol. 115, no. 125, MVE2015-10, pp. 17-22, 2015年7月.
  • 鈴木啓太,横山正典,木下由貴,望月崇由,山田智広,櫻井翔,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    性別印象操作による男性間の遠隔コミュニケーションにおけるソーシャルタッチの効果向上手法に関する研究,
    信学技報, vol. 115, no. 125, MVE2015-9, pp. 7-12, 2015年7月.[MVE賞受賞]
  • 鳴海拓志,鈴木瑛二,谷川智洋,廣瀬通孝:
    水面表示の操作による飲料消費量操作に関する基礎的検討,
    第16回香り・味と生体情報研究会,2015年6月.
  • 森数馬,鳴海拓志,小早川達,和田有史:
    呼吸との同期を制御した匂い呈示装置の開発,
    第16回香り・味と生体情報研究会,2015年6月.
  • 鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    ゲーミフィケーションを利用した研究活動の可視化と活性化,人工知能学会全国大会2015,2015年6月.
  • 横山正典,鈴木啓太,木下由貴,望月崇由,山田智広,櫻井翔,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    コミュニケーションを拡張する"超現実テレプレゼンス"の提案,
    第163回HCI研究会,2015年5月.
  • 寺下翔太,竹内俊貴,谷川智洋,鳴海拓志,廣瀬通孝:
    未来予測を用いたタスク管理における予測提示手法の検討,
    第77回情報処理学会全国大会,2015年3月.
  • 松尾宇人,伴祐樹,櫻井翔,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:メディア技術による摂食量調整に関する基礎的検討,
    第15回香り・味と生体情報研究会,2015年3月.
  • 鈴木瑛二,櫻井翔,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    拡張現実感によるコップの見た目の長さ操作が長時間の飲料消費量に与える影響の検討,
    日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第19回大会,2014年9月.
  • 櫻井翔,伴祐樹,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    時計メタファを利用した時間表示速度制御による時間感覚変容手法の基礎検討,
    日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第19回大会,2014年9月.
  • 国分新,伴祐樹,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    背面タッチパネルを用いた手の画像の変調提示による擬似力覚の生成,
    日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第19回大会,2014年9月.
  • 對間祐毅,伴祐樹,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    Pseudo-hapticsによる全天周映像鑑賞時の行動誘発,
    日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第19回大会,2014年9月.
  • 大原寛司,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    展示物の機構理解システムにおける微小変化の誇張表現の効果検証,
    日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第19回大会,2014年9月.
  • 伴祐樹,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    視触覚間相互作用を利用した不連続面を含む三次元曲面に対する形状知覚操作,
    日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第19回大会,2014年9月.
  • 白石英明,吉田成朗,伊藤裕之,斉藤直樹,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    プライバシ保護のためのMob scene における自然な顔合成手法の検討,
    日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第19回大会,2014年9月.
  • 佐藤潤一,井村純,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    現地追体験型AR展示における並進移動誘発手法の基礎的検討,
    信学技報, vol. 114, no. 114, MVE2014-17, pp. 23-28, 2014年7月.
  • 岡田直弥,井村純,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    Self-similarity特徴量を用いた過去と現在の風景画像のレジストレーション,
    信学技報, vol. 114, no. 114, MVE2014-18, pp. 29-34, 2014年7月.
  • 藤縄英佑,泉雅彦,鳴海拓志,宝珠山治,谷川智洋,廣瀬通孝:
    音響ARによる行動誘発に関する基礎的検討,
    信学技報, vol. 114, no. 114, MVE2014-22, pp. 53-58, 2014年7月.
  • 鈴木智絵,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    鼻周辺への温度提示による食味認知変化手法に関する基礎検討,
    第14回香り・味と生体情報研究会,2014年6月.
  • 廣瀬通孝,谷川智洋,鳴海拓志,竹内俊貴:
    サイバネティックシミュレーション: 社会システムを最適化するための行動誘発技術,
    2014年度人工知能学会全国大会(第28回),2014年5月.
  • 藤井達也,竹内俊貴,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    個人の嗜好を反映した食習慣改善ソーシャルメディア,
    第13回香り・味と生体情報研究会,2014年3月.
  • 吉田成朗,鳴海拓志,廣瀬通孝:
    Ring Brings Kiss: 皮膚電気活動を利用した結婚式におけるキス行為誘発エンタテイメントシステム,
    エンタテイメントコンピューティング2013論文集,2013年10月.[EC2013 口頭発表賞受賞][EC2013 芸術科学会賞受賞]
  • 伴祐樹, 鳴海拓志, 谷川智洋, 廣瀬通孝:
    視触覚間相互作用を用いた自由視点形状提示システム,
    日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第18回大会,34D-4, 2013年9月.
  • 鈴木瑛二,鳴海拓志, 櫻井翔, 谷川智洋, 廣瀬通孝:
    錯視を用いた飲料消費量調節システムの基礎検討,
    日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第18回大会,34D-2, 2013年9月.
  • 宇塚貴紀, 鳴海拓志, 谷川智洋, 廣瀬通孝:
    モバイルARのための視操作一体型インタラクション手法,
    日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第18回大会,34C-6, 2013年9月.
  • 木山亮, 大原寛司, 鳴海拓志, 谷川智洋, 廣瀬通孝:
    展示物の機構理解システムにおける抽象度変化手法の効果検証,
    日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第18回大会,34A-2, 2013年9月.
  • 井村純, 荒川卓也, 鳴海拓志,西村邦裕,谷川智洋, 廣瀬通孝:
    空間記録の現地追体験展示における行動誘発手法の開発,
    日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第18回大会,34A-1, 2013年9月.
  • 藤井達也, 竹内俊貴, 小川恭平, 鳴海拓志, 谷川智洋, 廣瀬通孝:
    食事への他者評価付加による食生活改善手法の基礎検討,
    日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第18回大会,31A-6, 2013年9月.
  • 櫻井翔, 鳴海拓志, 勝村富貴, 谷川智洋, 廣瀬通孝:
    Interactonia Balloon: 能動的呼吸による緊張感の喚起のための風船を用いたインタラクティブアート,
    日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第18回大会,13A-6, 2013年9月.
  • 中里直人, 吉田成朗, 櫻井翔, 鳴海拓志, 谷川智洋, 廣瀬通孝:
    協調作業における創造性向上のための対話相手の容貌変化手法の検討
    日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第18回大会,13C-4, 2013年9月.
  • 吉田成朗, 櫻井翔, 鳴海拓志, 谷川智洋, 廣瀬通孝:
    扇情的な鏡:表情変形フィードバックによる感情喚起システム,
    日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第18回大会,13A-6, 2013年9月.
  • 廣瀬通孝,谷川智洋,鳴海拓志,小川恭平:
    ソーシャルメディアと食生活改善,
    2013年度人工知能学会全国大会(第27回),2H4-OS-15a,2013年6月.
  • 對間祐毅,伴祐樹,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    見かけの移動量の操作による持ち上げ時重量知覚の操作,
    マルチメディア・仮想環境基礎研究会, IEICE-MVE2013, 2013年6月.
  • 中里直人,吉田成朗,櫻井翔,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    ビデオチャットを用いたブレインストーミングにおける表情変形の効果,
    マルチメディア・仮想環境基礎研究会, IEICE-MVE2013, 2013年6月.[MVE賞受賞]
  • 鈴木瑛二,鳴海拓志,櫻井翔,谷川智洋,廣瀬通孝:
    拡張現実感を利用したコップの見た目の長さ操作による飲料消費量操作手法の基礎検討,
    マルチメディア・仮想環境基礎研究会, IEICE-MVE2013, 2013年6月.
  • 国分新,伴祐樹,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    背面タッチパネルによる擬似力覚の生成と利用に関する基礎的検討,
    マルチメディア・仮想環境基礎研究会, IEICE-MVE2013, 2013年6月.
  • 長尾淳史,櫻井翔,大原寛司,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    身体的な癖を利用した入力手法の基礎検討,
    マルチメディア・仮想環境基礎研究会, IEICE-MVE2013, 2013年6月.
  • 鳴海拓志:
    錯覚応用インタフェースと五感情報通信,
    信学技報,vol. 112,no. 476,CQ2012-88,pp.27-30, 2013年3月.
  • 鳴海拓志,伴祐樹,櫻井翔,谷川智洋,廣瀬通孝:
    拡張満腹感,
    第4回多感覚研究会, 2013年1月.
  • 鳴海拓志:
    五感インタフェースによる食体験の拡張,
    信学技報, vol. 112, no. 225, PRMU2012-69, pp. 95-100, 2012年10月.
  • 小川恭平,堀紫,竹内俊貴,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    Table Talk Enhancer: 場の雰囲気を盛り上げるテーブル,
    エンタテインメントコンピューティング2012,2012年9月.
  • 伴祐樹,国分新,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    背面タッチパネルを利用した視触覚融合提示に関する基礎的検討,
    信学技報, vol. 112, no. 221, pp. 115-119, 2012年9月.
  • 宇塚貴紀, 鳴海拓志,谷川智洋, 廣瀬通孝:
    複数のタブレット端末間での通信を用いた協調ARシステム,
    日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第17回大会,2012年9月.
  • 伴祐樹, 鳴海拓志, 谷川智洋, 廣瀬通孝:
    手形状変形フィードバックによるPsuedo-haptics効果を用いた形状知覚操作,
    日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第17回大会,2012年9月.
  • 櫻井翔, 伴祐樹, 鳴海拓志, 谷川智洋, 廣瀬通孝:
    テーブルトップ型拡張満腹感システムに関する基礎的検討,
    日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第17回大会,2012年9月.
  • 吉田成朗, 櫻井翔, 鳴海拓志,谷川智洋, 廣瀬通孝:
    リアルタイムな表情変形フィードバックによる選好判断の操作,
    日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第17回大会,2012年9月.
  • 木山亮, 鳴海拓志, 谷川智洋, 廣瀬通孝:
    デジタル展示ケースを用いた展示物の機構理解システムの開発,
    日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第17回大会,2012年9月.
  • 荒川卓也, 笠田和宏,西村邦裕, 鳴海拓志,谷川智洋, 廣瀬通孝:
    拡張現実感による映像追体験のための行動誘導,
    日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第17回大会,2012年9月.
  • 吉田成朗,櫻井翔,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    リアルタイムな表情変形フィードバックによる快・不快感情の喚起の検討,
    信学技報, vol. 112, no. 112, HIP2012-43, pp. 49-54, 2012年6月.
  • 村上和也,木山亮,井村純,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    力覚を伴うウェアラブルARシステム,
    マルチメディア・仮想環境基礎研究会, IEICE-MVE2012-10 pp.119-124, 2012年6月.
  • 大原寛司,荒川卓也,上田雅道,木山亮,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    VRにおけるスケールと動作音のリアリティの関係性の研究,
    マルチメディア・仮想環境基礎研究会, IEICE-MVE2012-10 pp.79-84, 2012年6月.
  • 宇塚貴紀,伴祐樹,木山亮,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    VR空間でのインタラクションにおけるしっくり感の定量評価,
    マルチメディア・仮想環境基礎研究会, IEICE-MVE2012-10 pp.73-78, 2012年6月.
  • 藤井達也,伴祐樹,井村純,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    拡張現実感を利用した物体の明度操作による重量知覚および作業疲労の操作手法の基礎検討,
    マルチメディア・仮想環境基礎研究会, IEICE-MVE2012-10 pp.67-72, 2012年6月.[MVE賞受賞][ヒューマンコミュニケーション賞受賞]
  • 田村洋人,小川恭平,竹内俊貴,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    ライフログを用いた未来予測によるタスク進行管理手法の検討,
    マルチメディア・仮想環境基礎研究会, IEICE-MVE2012-10 pp.43-48, 2012年6月.
  • 永徳真一郎,鳴海拓志,檜山敦,谷川智洋,廣瀬通孝:
    水滴を用いた自由空間内での視温覚統合情報提示に関する基礎検討,
    マルチメディア・仮想環境基礎研究会, IEICE-MVE2012-10 pp.1-6, 2012年6月.
  • 宮浦理彰,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    飲料への色の重畳により、少数の匂いから多様な味のジュースを再現する味提示手法の評価,
    香りと生体情報研究会,pp.15-20,VR学研報 Vol.17 No.SBR-1,(2012.3.2)
  • 鳴海拓志,伴祐樹,谷川智洋,廣瀬通孝:
    拡張現実感による満腹感の操作に関する基礎的検討,
    マルチメディア・仮想環境基礎研究会, MVE2011-43 pp.63-68, 2011年10月.
  • 伴祐樹,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    free wild shadow: kinectを用いた影とのインタラクション誘発システム,
    エンタテインメントコンピューティング2011,01A-02,2011年10月.
  • 鳴海拓志, 谷川智洋, 廣瀬通孝:
    ライフログベースのバーチャルキャラクタを利用した有益な知識の抽出と世代間伝達
    日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第16回大会,11B-3,函館,2011年9月.
  • 堀紫, 鳴海拓志, 谷川智洋, 廣瀬通孝:
    ライフログ技術を用いたコミュニケーションスキルの見える化
    日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第16回大会,11B-4,函館,2011年9月.
  • 木村健太郎, 宝珠山治, 鳴海拓志, 谷川智洋, 廣瀬通孝:
    音場とのインタラクションを可能にする音場可視化のための超音波電力伝送手法
    日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第16回大会,12D-6,函館,2011年9月.
  • 鳴海拓志, 渡邊恵太, 渡邊淳司, 稲見昌彦:
    感覚情報提示の新潮流:マルチモーダルからクロスモーダルへ
    日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第16回大会,13A-1,函館,2011年9月.
  • 吉田成朗, 竹内俊貴, 鳴海拓志, 西村邦裕, 谷川智洋, 廣瀬通孝:
    多人数による震災体験情報の時空間的可視化
    日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第16回大会,22B-2,函館,2011年9月.
  • 中島統太郎, 竹内俊貴, 鳴海拓志, 西村邦裕, 谷川智洋, 廣瀬通孝:
    記録された三次元映像の実世界重畳による展示物の背景情報の伝達
    日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第16回大会,22D-6,函館,2011年9月.
  • 山崎充彦, 鳥越祐輔, 鳴海拓志, 西村邦裕, 谷川智洋, 廣瀬通孝:
    動画像を用いた時間方向に拡張されたVR空間構成に関する研究
    日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第16回大会,32B-5,函館,2011年9月.
  • 櫻井翔, 吉田成朗, 鳴海拓志, 谷川智洋, 廣瀬通孝:
    Intra-expo: マンガ表現の実空間重畳による感情伝達
    日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第16回大会,32D-2,函館,2011年9月.
  • 笠田和宏, 仲野潤一, 鳴海拓志, 西村邦裕, 谷川智洋, 廣瀬通孝:
    撮影位置推定を用いた動画像における空間提示システム
    日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第16回大会,32D-4,函館,2011年9月.
  • 仲野潤一, 笠田和宏, 鳴海拓志, 西村邦裕, 谷川智洋, 廣瀬通孝:
    領域型バーチャルタイムマシンによる 現在の風景への過去の動画の重畳
    日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第16回大会,32D-5,函館,2011年9月.
  • 梶波崇, 鳴海拓志, 谷川智洋, 廣瀬通孝:
    複数プロジェクタ・カメラ光学系を利用した照明条件まで考慮した立体入出力システムに関する基礎的検討
    日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第16回大会,33B-5,函館,2011年9月.
  • 伴祐樹, 梶波崇, 鳴海拓志, 谷川智洋, 廣瀬通孝:
    視触覚融合を利用した凹凸の配置に関する知覚操作
    日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第16回大会,33C-4,函館,2011年9月.
  • 宮浦理彰, 鳴海拓志, 谷川智洋, 廣瀬通孝:
    味覚ディスプレイに関する研究 第四報 〜嗅覚-味覚間クロスモダリティを利用した味覚ディスプレイにおける口腔内への匂い提示手法の評価〜
    日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第16回大会,33E-2,函館,2011年9月.
  • 鳴海拓志,牧野祐也,梶波崇,谷川智洋,廣瀬通孝:
    擬似味覚ディスプレイのための視覚・嗅覚・味覚間相互作用の評価,
    ケミカルセンサ研究会, 2011年7月.
  • 伴祐樹,梶波崇,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    Pseudo-Hapticsを利用した三次元曲面の形状知覚操作に関する基礎的検討,
    マルチメディア・仮想環境基礎研究会, MVE2011-27 pp.67-72, 2011年6月.
  • 宮浦理彰, 鳴海拓志, 谷川智洋, 廣瀬通孝:
    作業者の状態をフィードバックする匂い提示手法,
    第7 回香りと生体情報研究会,2011年2月.
  • 笠田和宏,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    携帯端末による撮影位置への誘導を用いた過去と現在の画像接続,
    マルチメディア・仮想環境基礎研究会, 2011年1月.
  • 伴祐樹,梶波崇,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    Pseudo-Haptics を利用した形状提示のための視触力覚システムに関する基礎的検討,
    マルチメディア・仮想環境基礎研究会, 2011年1月.
  • 鳴海拓志,梶波崇,谷川智洋,廣瀬通孝:
    味覚ディスプレイに関する研究第三報 〜 感覚間相互作用を利用したインタラクティブな味提示手法の評価 〜,
    日本バーチャルリアリティ学会第15回大会論文集, 2010年9月.
  • 梶波崇,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    視覚を用いた握り感覚の生成に関する基礎的検討,
    日本バーチャルリアリティ学会第15回大会論文集, 2010年9月.
  • 西坂信哉,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    欠けや分割などの変化に強く変化内容の認識も可能なARマーカの提案,
    日本バーチャルリアリティ学会第15回大会論文集, 2010年9月.
  • 櫻井翔,栗山貴嗣,鳴海拓志,國吉康夫,佐々木正人,廣瀬通孝:
    weather-vox central: 発話傾向から抽出した気分情報の体験共有の場への提示による気分共有促進,
    日本バーチャルリアリティ学会第15回大会論文集, 2010年9月.
  • 宮浦理彰,鳴海拓志,西村邦裕,谷川智洋,廣瀬通孝:
    嗅覚ディスプレイを用いた作業支援,
    第62回ヒューマンインタフェース学会研究会, 2010年6月.
  • 笠田和宏,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    撮影位置への誘導による過去映像と現在風景のシームレスな接続,
    第62回ヒューマンインタフェース学会研究会, 2010年6月.
  • 竹内俊貴,鳴海拓志,西村邦裕,谷川智洋,廣瀬通孝:
    レシートログと消費行動に関する未来予測 ,
    第62回ヒューマンインタフェース学会研究会, 2010年6月.
  • 梶波崇,林織部,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    デジタル展示ケースを利用した背景情報を伝達する博物館展示,
    第62回ヒューマンインタフェース学会研究会, 2010年6月.
  • 梶波崇,林織部,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    インタラクティブなデジタル展示ケースに関する基礎的研究,
    第30回複合現実感研究会, 2010年3月. [MVE賞受賞]
  • 鳴海拓志,佐藤宗彦,谷川智洋,廣瀬通孝:
    味覚ディスプレイに関する研究第二報 〜飲料への色の重畳を用いたクロスモーダルな味提示手法の評価〜,
    第30回複合現実感研究会, 2010年1月. [SIGMR賞受賞]
  • 谷川智洋,鳴海拓志,廣瀬通孝:
    嗅覚ディスプレイと空間誘導,
    日本機械学会 第22回バイオエンジニアリング講演会, 2010年1月.
  • 鳴海拓志,二俣智栄,谷川智洋,廣瀬通孝:
    味覚ディスプレイに関する研究(第一報),
    日本バーチャルリアリティ学会第14回大会論文集, 2009年9月
  • 鳴海拓志, 二俣智栄, 西村邦裕, 谷川智洋, 廣瀬通孝:
    視覚情報を利用した味覚ディスプレイに関する基礎的検討,
    信学技報, vol. 109, no. 75, MVE2009-20, pp. 107-112, 2009年6月.
  • 櫻井翔, 鳴海拓志, 佐々木正人:
    音声解析に基づいた感情を可視化する手法,
    第130回ヒューマンコンピュータインタラクション研究会,研究報告「ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)」, No.2008-HCI-130, Vol.2008 No.106, 2008年10月.
  • 鳴海 拓志, 檜山 敦, 谷川 智洋, 廣瀬 通孝:
    モバイル型可視光インタフェースによる実空間インタラクション,
    日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第13回大会, 奈良,2008年9月.
  • 藤野 漠, 鳴海 拓志, 谷川 智洋, 廣瀬 通孝:
    非同期に落下する水滴を用いた空間充填型ディスプレイの映像表示精度の検討,
    日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, 日本バーチャルリアリティ学会第13回大会, Vol.13,奈良,2008年9月.
  • 南部 愛子, 鳴海 拓志, 西村 邦裕, 谷川 智洋, 廣瀬 通孝:
    色情報が嗅覚の引き込み効果に与える影響の研究,
    日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,日本バーチャルリアリティ学会第13回大会, Vol.13,3B2-3,奈良,2008年9月.
  • 野澤 紘子,鳴海 拓志,西村 邦裕,廣瀬 通孝,佐倉 統:
    Beat Story:心拍センサを用いた主観時間の記録,
    日本バーチャルリアリティ学会研究報告,Vol.13, No.1-WUVR, pp.16-17, 日本バーチャルリアリティ学会 ウェアラブルユビキタス研究会,東京,2008年6月.
  • 南部 愛子,鳴海 拓志,西村 邦裕,谷川 智洋,廣瀬 通孝:
    視覚の影響を利用した嗅覚インタフェースの研究,
    ヒューマンインタフェース学会研究報告集,Vol.10,No.2,pp.37-40,ヒューマンインタフェース学会 第48回研究会,東京,2008年6月.
  • 南部 愛子, 鳴海 拓志, 西村 邦裕, 谷川 智洋, 廣瀬 通孝:
    視覚の影響を利用した嗅覚ディスプレイの研究,
    日本バーチャルリアリティ学会 第34回サイバースペースと仮想都市研究会, 新潟,2008年5月.
  • 野澤紘子,鳴海拓志,西村邦裕,廣瀬通孝,佐倉統:
    Beat Story:心拍センサを用いた主観的な時間密度の可視化,
    情報処理学会 インタラクション2008,CD-ROM,東京,2008年3月.
  • 鳴海拓志,齋藤 滋,鈴木 康広,谷川 智洋,廣瀬 通孝:
    時空のカーペット,
    日本バーチャルリアリティ学会第12回大会,pp.582-585, 福岡, 2007年 9月.
  • 鳴海拓志,齋藤滋,鈴木康広,谷川智洋,廣瀬通孝:
    時空のカーペット,
    第3回ウェアラブル/ユビキタスVR 研究会デモンストレーション, June 2007.
  • 藤野漠,鳴海拓志,谷川智洋,廣瀬通孝:
    水滴を用いた空間充填型ディスプレイの大型化に関する研究,
    第44回ヒューマンインタフェース学会研究会, June 2007.
  • 鳴海拓志, 羽田靖史, 淺間一, 辻邦浩:
    "移動する映像による誘導サービスのモデル化, "
     ロボティクス・メカトロニクス講演会2006, May 2006.
  • 鳴海拓志, 羽田靖史, 淺間一, 辻邦浩:
    個人の特徴を利用した動く映像による動線誘導システム,
    計測自動制御学会(SICE)システムインテグレーション部門モーションメディア調査研究会 第2回モーションメディアコンテンツコンテスト(2006).
  • 鳴海拓志, 羽田靖史, 淺間一, 辻邦浩:
    "映像提示を用いた動線誘導実験の分析, "
    第6回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, Dec. 2005.[ベストセッション賞受賞]
  • 羽田靖史, 鳴海拓志, 淺間一, 川端邦明, 辻邦浩:
    "カメラを用いた人間の特徴抽出結果に基づく行動サポート実験, "
    第15回日本機械学会設計工学・システム部門講演会講演論文集, pp. 188-199, Aug. 2005.

■展示

  • 2013年 10月30日 - 11月4日,
    吉田成朗,鳴海拓志, 廣瀬通孝, "扇情的な鏡", グッドデザインエキシビション,東京ミッドタウン.
  • 2013年 10月24日 - 26日,
    吉田成朗,櫻井翔,鳴海拓志, 谷川智洋, 廣瀬通孝, "扇情的な鏡", DCEXPO2013,日本科学未来館.
  • 2013年 10月1日 - 5日,
    国分新,伴祐樹, 鳴海拓志, 谷川智洋, 廣瀬通孝, "ARAtouch: 背面タッチパネルと視触覚融合を利用したモバイル向け触覚提示", CEATEC 2013,幕張メッセ.
  • 2013年 8月21日 - 23日,
    伴祐樹, 鳴海拓志, 谷川智洋, 廣瀬通孝, "視覚触覚間相互作用を利用した形状提示システム", CEDEC 2013,パシフィコ横浜.
  • 2013年 7月14日 - 15日,
    吉田成朗,櫻井翔,鳴海拓志, 谷川智洋, 廣瀬通孝, "扇情的な鏡", バーチャル世界体験夏祭り,グランフロント大阪.
  • 2013年 5月27日,
    吉田成朗,櫻井翔,鳴海拓志, 谷川智洋, 廣瀬通孝, "扇情的な鏡:表情変形フィードバックを利用した感情喚起システム", URCF定期総会,日本科学未来館.
  • 2012年 12月6日 - 8日,
    伴祐樹, 鳴海拓志, 谷川智洋, 廣瀬通孝, "Magic Pot", 第25回 日本内視鏡外科学会総会,パシフィコ横浜.
  • 2012年 12月13日,
    鳴海拓志, 伴祐樹, 櫻井翔, 谷川智洋, 廣瀬通孝, "拡張満腹感", ナレッジキャピタルアワードver.0「アジア学生クリエイティブEX.」,大阪市中央公会堂.
  • 2012年 12月4日 - 7日,
    Takuji Narumi, Yuki Ban, Sho Sakurai, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose, "Augmented Satiety", the 19th International Display Workshops / Asia Display 2012 (IDW/AD2012),Kyoto International Conference Center.
  • 2012年 10月25日 - 27日,
    鳴海拓志, 伴祐樹, 谷川智洋, 廣瀬通孝, "拡張満腹感", Digital Content Expo 2012 Innovative Technologies,日本科学未来館.
  • 2012年 10月5日,
    鳴海拓志, 伴祐樹, 谷川智洋, 廣瀬通孝, "拡張満腹感",パターン認識・メディア理解研究会,幕張メッセ.
  • 2012年 10月2日 - 6日,
    伴祐樹, 鳴海拓志, 谷川智洋, 廣瀬通孝, "Magic Pot: 視触覚融合を利用したインタラクティブ形状提示システム", CEATEC2012,幕張メッセ.
  • 2012年 6月7日,
    鳴海拓志, 伴祐樹, 谷川智洋, 廣瀬通孝, "拡張満腹感", URCF定期総会,日本科学未来館.
  • 2012年 1月2日 - 1月29日,
    "デジタル展示ケース 自在置物 龍", 東京国立博物館140周年特集陳列 天翔ける龍, 東京国立博物館,東京.
  • 2011年 11月9日 - 2012年 1月9日,
    "電車の思い出のぞき窓", デジタルレールウェイミュージアム, 鉄道博物館,大宮.
  • 2011年 11月9日 - 2012年 1月9日,
    "デジタル展示ケース〜台車でGO!〜", デジタルレールウェイミュージアム, 鉄道博物館,大宮.
  • 2011年 11月9日 - 2012年 1月9日,
    "時をかけるシート", デジタルレールウェイミュージアム, 鉄道博物館,大宮.
  • 2011年 10月20日 - 22日,
    東京大学 廣瀬・谷川研究室, "PRIMA: 複数Kinectを用いた異時間インタラクションシステム", Digital Contents Expo 2011, 日本科学未来館,東京.
  • 2011年 10月20日 - 22日,
    東京大学 廣瀬・谷川研究室, "VITA:Visualization system for Interaction with Transmitted Audio signals", Digital Contents Expo 2011, 日本科学未来館,東京.
  • 2011年 10月4日 - 8日,
    東京大学 廣瀬・谷川研究室, "PRIMA (Parallel Reality-based Interactive Motion Area)", CEATEC 2011, 幕張メッセ.
  • 2011年 8月26日 - 28日,
    鳴海 拓志, 梶波崇, 谷川智洋, 廣瀬 通孝, "メタクッキー", ナレッジキャピタルトライアル2011, 堂島リバーフォーラム,大阪.
  • 2011年 6月16日,
    鳴海 拓志, 梶波崇, 谷川智洋, 廣瀬 通孝, "メタクッキー", URCF定期総会,日本科学未来館.
  • 2011年 2月3日,
    Takuji Narumi, Takashi Kajinami, Shinya Nishizaka, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose, "MetaCookie", After Dark: Get Surreal, Exprolatirium, San Francisco, USA.[招待展示]
  • 2010年 12月11日,
    西坂信哉,鳴海拓志,梶波崇, 谷川智洋, 廣瀬通孝, "MetaCookie+", IML Open House 2010, 東京大学IML.
  • 2010年 10月14日 - 17日,
    鳴海拓志, 西坂信哉, 梶波崇, 谷川智洋, 廣瀬通孝, "MetaCookie+", ASIAGRAPH in Tokyo 2010, 日本科学未来館.
  • 2010年 10月14日 - 17日,
    山崎充彦,林織部,鳴海拓志, 谷川智洋, 廣瀬通孝," 目と鼻 の先 〜急行能登ラストラン〜 ", ASIAGRAPH in Tokyo 2010, 日本科学未来館.
  • 2010年 10月14日 - 17日,
    梶波崇,鳴海拓志, 谷川智洋, 廣瀬通孝," デジタル展示ケー ス", ASIAGRAPH in Tokyo 2010, 日本科学未来館.
  • 2010年 8月29日,
    鳴海 拓志, 梶波崇, 谷川智洋, 廣瀬 通孝, "メタクッキー", 妄想×リアリティ.[招待展示]
  • 2010年 8月24日 - 25日,
    鳴海 拓志, 梶波崇, 谷川智洋, 廣瀬 通孝, "メタクッキー", インタラクティブ東京2010.[招待展示]
  • 2009年 10月9日 - 11月3日,
    プランニング:鈴木康広 システム:鳴海拓志,西村邦裕,谷川智洋: "目と鼻の先," Digital Public Art in Haneda Airport 空気の港 〜テクノロジー × 空気で感じる新しい世界〜, 羽田空港.
  • 2009年 10月9日 - 11月3日,
    プランニング:鈴木康広 システム:鳴海拓志,澤田耕司: "風見鶏の視線," Digital Public Art in Haneda Airport 空気の港 〜テクノロジー × 空気で感じる新しい世界〜, 羽田空港.
  • 2009年 7月27日 - 31日,
    yonakani (鳴海 拓志 + 赤川 智洋 + ソン ヨンア): "thermotaxis," FILE 2009 installations, Sao Paulo, Brazil.[招待展示]
  • 2008年 6月11日 - 16日,
    yonakani (鳴海 拓志 + 赤川 智洋 + ソン ヨンア): "thermosociety," iii Exhibition extra.
  • 2008年 4月22日 - 26日,
    yonakani (鳴海 拓志 + 赤川 智洋 + ソン ヨンア): "thermotaxis," Laval Virtual ReVolution 2009, Laval, France.[招待展示]
  • 2008年 12月4日 - 9日,
    yonakani (鳴海 拓志 + 赤川 智洋 + ソン ヨンア): "thermotaxis," iii Exhibition 10.
  • 2008年 9月4日 - 9日,
    Takuji Narumi, Atsushi Hiyama, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose: "inter-glow," Ars Electronica 2008, Campus Exhibition, Linz.[招待展示]
  • 2008年 7月26日 - 30日,
    南部 愛子,鳴海 拓志,西村 邦裕,谷川 智洋,廣瀬 通孝: "nioi cafe," 予感研究所2,日本科学未来館, 2008年7月26日 - 30日.
  • 2008年 6月19 - 24日,
    yonakani (鳴海 拓志 + 赤川 智洋 + ソン ヨンア): "Absolute Field," iii Exhibition 9.
  • 2008年 6月16日 - 7月15日,
    DPA project + 東京大学 廣瀬・谷川研究室 + 西村 邦裕 + 鳴海 拓志 + 佐藤 宗彦 + 橋本 弘太郎, 「Sharelog::F」, 新宿タカシマヤTimesSquare, 12F,レストランズパーク. [招待展示]
  • 2008年 5月17日 - 18日,
    西村 邦裕+鳴海 拓志+東京大学 廣瀬・谷川研究室+dpa project, 「Sharelog::Dome」, "gene" at the Roppongi Hills, 六本木ヒルズアリーナ,六本木ヒルズ.[招待展示]
  • 2008年 5月17日 - 18日,
    鳴海 拓志+西村 邦裕+東京大学 廣瀬・谷川研究室+dpa project, 「Sharelog::Cube」, "gene" at the Roppongi Hills, 六本木ヒルズアリーナ,六本木ヒルズ.[招待展示]
  • 2008年 3月24日,
    鳴海 拓志, 檜山 敦, 谷川智洋, 廣瀬 通孝, "inter-glow", 東京大学情報学環福武ホール落成記念展示 iii exhibition extra.
  • 2008年 2月6日 - 17日,
    鳴海 拓志, 檜山 敦, 谷川智洋, 廣瀬 通孝, "inter-glow", 先端技術ショーケース2008.[招待展示]
  • 2007年 12月18日,
    鳴海 拓志, 檜山 敦, 谷川智洋, 廣瀬 通孝, "inter-glow", 東京大学連携事業 文の京・大いなる学びシリーズ第2 回「アートとサイエンス-その不思議な関係-」[招待展示]
  • 2007年 10月12日 - 14日,
    鳴海 拓志,齋藤 滋, 鈴木 康広,谷川 智洋,廣瀬 通孝:時空のカーペット, ASIAGRAPH 2007 in Tokyo 先端技術展.
  • 2007年 10月12日 - 14日,
    鈴木 康広,鳴海 拓志,谷川 智洋,廣瀬 通孝:木陰のスクリーン, ASIAGRAPH 2007 in Tokyo 先端技術展.
  • 2007年 10月12日 - 14日,
    鈴木 康広, 檜山 敦, 白井 慎一郎,鳴海 拓志,谷川 智洋,廣瀬 通孝:木漏れ日のディスプレイ, ASIAGRAPH 2007 in Tokyo 先端技術展.
  • 2007年 9月29日 - 30日,
    鳴海 拓志, 檜山 敦, 谷川智洋, 廣瀬 通孝, "inter-glow", インタラクティブ東京2007.[招待展示]
  • 2007年 7月31日 - 8月5日,
    鈴木 太朗+鳴海 拓志+鈴木 莉紗, "ひかりの風", EIZONE2007.[招待展示]
  • 2007年 7月6日 - 12日,
    鈴木 太朗+鳴海 拓志+鈴木 莉紗, "ひかりの風", iii exhibition 7.
  • 2007年 6月4日 - 9日,
    鈴木 太朗+鳴海 拓志+鈴木 莉紗, "ひかりの風", 東京大学創立130 周年記念事業 Thinking Forest.
  • 2007年 5月2日 - 6日,
    鳴海 拓志,齋藤 滋, 鈴木 康広,谷川 智洋,廣瀬 通孝:時空のカーペット, DIGITAL PUBLIC ART EXHIBITON 木とデジタル テクノロジーが生み出す"新しい自然"
  • 2007年 5月2日 - 6日,
    鈴木 康広,鳴海 拓志,谷川 智洋,廣瀬 通孝:木陰のスクリーン, DIGITAL PUBLIC ART EXHIBITON 木とデジタル テクノロジーが生み出す"新しい自然"
  • 2007年 5月2日 - 6日,
    鈴木 康広, 檜山 敦, 白井 慎一郎,鳴海 拓志,谷川 智洋,廣瀬 通孝:木漏れ日のディスプレイ, DIGITAL PUBLIC ART EXHIBITON 木とデジタル テクノロジーが生み出す"新しい自然"
  • 2006年 12月8日 - 13日,
    鳴海 拓志:inter-glow, 東京大学大学院学際情報学府・東京大学大学院情報学環コンテンツ創造科学産学連携教育プログラム 第6回制作展.

■書評

  • 鳴海拓志:
    長谷川文雄、福冨忠和編『コンテンツ学』,
    コンテンツ文化史研究,第1巻 第1号,2009年4月
  • 鳴海拓志:
    テレビゲームを多面的に捉えなおすきっかけとして 書評『ダメなものは、タメになる テレビやゲームは頭を良くしている』,
    デジタルゲーム学研究,第1巻 第1号,p86-87, 2007年3月

■ その他講演等

  • 2017.03.27 JEITA ヒューマンインタラクションデザイン専門委員会講演会,
    クロスモーダルな表現と体験のデザイン
  • 2017.03.18 IPSJ ONE,
    知覚の“編集”で現実を変える
  • 2017.03.04 LIVING LAB HONGO OPEN EVENT,
    食と五感
  • 2016.12.21 戦略的情報通信研究開発セミナー2017,
    視覚触覚間の感覚間相互作用を利用した形状伝送システムの研究開発
  • 2016.12.15 FMS特別講義,
    現実を編集せよ
  • 2016.12.15 茶わんの湯から最新の科学を考える,
    茶碗の湯から考える五感と自分
  • 2016.12.14 フードイノベーターズミートアップ,
    情報技術が変える食の体験
  • 2016.11.20 第12回クロスモーダルデザインWS,
    感覚の減算で作る新しい体験
  • 2016.11.19 東京大学公開講座,
    『現実を編集する』インタフェース
  • 2016.11.16 International Conference on Multimodal Interaction 2016,
    Multi-sensorial virtual reality and augmented human food interaction
  • 2016.10.31 日本基礎心理学会心の実験パッケージ開発委員会アイデアソン2016,
    人間の面白さを体験するための技術とデザイン
  • 2016.10.30 日本基礎心理学会シンポジウム「多感覚知覚研究の最前線」,
    多感覚知覚研究の工学的応用
  • 2016.10.10 東京工芸大学 芸術学部フェスタ2016 トークセッション,
    バーチャルリアリティと○△×□
  • 2016.09.14 日本バーチャルリアリティ学会20周年記念企画若手パネル討論,
    20年後のVR
  • 2016.09.09 未来をデザインするIdeathon 拡張する身体/進化するIoT,
    IoTで拡張する身体,変容する現実
  • 2016.08.24 CEDEC 2016,
    視覚だけじゃない これからのVRシステム
  • 2016.07.15  第2回身体性メディアコンソーシアム,
    拡張する身体,変容する現実
  • 2016.07.09 第55回日本SF大会,
    SF的拡張現実感技術の現在 〜現実を超えるバーチャルリアリティの世界〜
  • 2016.06.24 「感性」とは何か? そこからの課題の見つけ方,
    クロスモーダルと感性設計
  • 2016.06.08 第30回人工知能学会大会 人工生命化社会の理論と応用OS,
    Reality 2.0: 人工生命化社会のための錯覚応用インタフェース
  • 2016.03.04 エクサNext Value Forum,
    コミュニケーションのためのクロスモーダル設計
  • 2016.02.17 JST社会技術研究開発センター(RISTEX)第13回社会技術フォーラム〜新領域に関する社会との対話〜 人と情報のエコシステム 情報技術が浸透する超スマート社会の倫理や制度を考える,
    パネルディスカッション
  • 2015.12.16 日本機械学会ヒューマン・マシン・インタフェース設計研究会,
    人間機械協調のためのクロスモーダル設計
  • 2015.11.15 サイエンスアゴラ2015 研究100連発,
    研究20連発(鳴海拓志)
  • 2015.11.14 第2回ウェブサイエンス研究会,
    ソーシャル時代のサイバネティクス
  • 2015.11.08 第7回多感覚研究会,
    クロスモーダルデザインWSのご紹介
  • 2015.10.19 JEITA 感性センシング応用ロードマップ技術分科会講演会,
    クロスモーダルインタフェースと感性
  • 2015.08.30 第54回日本SF大会,
    SF的拡張現実感技術の現在 〜知情意に働きかける拡張現実感〜
  • 2015.08.24 第15回Kフォーラム,
    クロスモーダルインタフェースと人間拡張
  • 2015.06.12 食と心理・VR・脳の意見交換会@九州大学,
    VRと食体験
  • 2015.04.27 NTU - UT Virtual Reality Workshop,
    Altering Reality based on Cross-modal Illusions
  • 2015.03.11 Nico Nico Gakkai Beta Singapore Rapid Fire research 100 @ SCIENCE CENTER SINGAPORE,
    Rapid Fire Research 10 (Takuji Narumi)
  • 2014.11.07 第7回香りと味に関する産学フォーラム,
    嗅覚・味覚とクロスモーダルインタフェース
  • 2014.09.25 チームつかもと研究交流会2014,
    クロスモーダルインタフェースと行動誘発型AR
  • 2014.09.04 CEDEC 2014,
    クロスモーダルを利用した感情のデザイン 〜高次の心の動きを作るための工学的手法〜
  • 2014.08.29 第7回クロスモーダルデザインWS,
    "きもち"を動かす場のデザインとクロスモーダル
  • 2014.07.29 d-laboセミナー,
    錯覚で幸せになる技術
  • 2014.07.20 第53回日本SF大会,
    リアルを侵食するSF的拡張現実感技術の現在
  • 2014.07.13 デジタルミュージアムフォーラム2014 in 北海道,
    現地追体験型展示システム「思い出のぞき窓」
  • 2014.05.30 第6回クロスモーダルデザインWS,
    クロスモーダルデザインを探る
  • 2013.12.04 IDW'13,
    Augmenting Human Experience with Perception-Based Displays Utilizing Illusions
  • 2013.11.09 UTalk,
    錯覚を作り出すテクノロジー
  • 2013.09.30 第1回クロスモーダルデザインWS,
    クロスモーダル設計調査分科会設立の狙い
  • 2013.08.21 CEDEC 2013,
    錯覚を利用した新しい体験のデザイン 〜感覚、リアリティ、行動を変える技術〜
  • 2013.03.11 電子情報通信学会 コミュニケーションクオリティ研究会(CQ),
    錯覚応用インタフェースと五感情報通信
  • 2013.03.06 情報処理学会第75回全国大会「ニコニコ学会β:研究してみたマッドネス特選集」,
    「ニコニコ学会βって何? オルタナティブ学会? 未来の学会?そもそも学会? 〜ニコニコ学会βと学会の未来をみんなで語る〜」
  • 2012.12.28 VRと超臨場感研究会,
    錯覚を利用したリアリティの拡張
  • 2012.11.30 SIGGRAPH ASIA 2012 Emerging Technologies Talks,
    Augmented Satiety: Interactive Nutritional Intake Controller
  • 2012.11.06 高臨場感ディスプレイフォーラム,
    五感ディスプレイと感覚間相互作用
  • 2012.10.30 AFRV2012,
    JST Cooperative Research Projects with CNRS "Improving the VR experience"
  • 2012.10.05 電子情報通信学会 パターン認識・メディア理解研究会(PRMU),
    五感インタフェースによる食体験の拡張
  • 2012.09.18 第5回錯覚ワークショップ,
    錯覚を利用した五感インタフェース
  • 2012.09.14 日本バーチャルリアリティ学会大会 日仏共同セッション,
    日仏(CNRS)研究交流「超臨場VR体験環境」プロジェクトとその後の展開
  • 2011.09.20 3Dユーザインタフェースの最新動向〜トップコンファレンス採択論文の紹介〜,
    Augmented Reality Flavors: Gustatory Display Based on Edible Marker and Cross-Modal Interaction
  • 2010.08.20 シーグラフ東京 第57回セミナー,
    SIGGRAPH2010 Emerging Technologies 参加報告
  • 2008.09.06 Crossing the Boundary Between Art and Technology, Ars Electronica Campus Exhibition’s International Conference,
    Digital Public Art: Toward the Merging of Media Art and Public Art
  • 2005.08.31 CESAデベロッパーズカンファレンス 2005,
    「学生が知りたいゲーム産業界/ゲーム産業界が求める若者」
  • 2005.03.26 第9回ゲーム開発者セミナー「Game Developers Conference 2005 レポート」,
    「学生の見たGDC2005」

■ 主な賞罰等

  • 文化庁メディア芸術祭エンタテインメント部門優秀賞, 2017年3月
  • 第17回ヒューマンインタフェース学会論文賞, 2017年3月
  • 経済産業省 Innovative Technologies(Unlimited Corridor), 2016年10月
  • MVE賞, 2016年10月
  • 日本バーチャルリアリティ学会論文賞, 2016年9月
  • VRクリエイティブアワード2016 ファイナリスト, 2016年6月
  • Augmented Human 2016 Third Best Paper Award, 2016年2月
  • MVE賞, 2015年10月
  • 日本バーチャルリアリティ学会論文賞, 2015年9月
  • ACM SUI2015 Short paper honorable mention, 2015年8月
  • Knowledge Innovation Award 2nd Silver Prize,2015年3月
  • IEEE VR 2015 Best Demo Award, 2015年3月
  • ACE 2014 Gold Paper Award, 2014年11月
  • 2013年度グッドデザイン賞(扇情的な鏡), 2013年10月
  • 経済産業省 Innovative Technologies(扇情的な鏡), 2013年10月
  • EC2013 口頭発表賞, 2013年10月
  • EC2013 芸術科学会賞, 2013年10月
  • 日本バーチャルリアリティ学会論文賞, 2013年9月
  • MVE賞,2013年9月
  • 船井研究奨励賞, 2013年4月
  • あん
  • ヒューマンコミュニケーション賞, 2012年12月
  • 経済産業省 Innovative Technologies(拡張満腹感), 2012年10月
  • ICAT 2012 Best Paper Award, 2012年10月
  • MVE賞,2012年9月
  • 日本バーチャルリアリティ学会SIGMR賞, 2011年10月
  • 日本バーチャルリアリティ学会論文賞, 2011年9月
  • IEEE VR 2011 Best Poster Award, 2011年3月
  • MVE賞,2010年10月
  • SIGGRAPH 2010 Student Research Competition Semi-Finalists, 2010年7月
  • インタラクション2010 ベストインタラクティブ賞, 2010年3月
  • Laval Virtual Award 2009(Architecture, Art and Culture部門), 2009年4月
  • SIGGRAPH 2008 Student Research Competition Semi-Finalists, 2008年8月
  • 東京大学大学院情報学環・学際情報学府 専攻長賞, 2008年3月
  • 日本機械学会フェロー賞, 2007年5月
  • 第6回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 ベストセッション賞 (映像提示を用いた動線誘導実験の分析),2005年12月.
  • 先端ロボット工学合同ワークショップ2005 金賞 (個人の特徴抽出を利用した動的な映像による動線誘導), 2005年11月.

■ 報道

  • "Changing Perceptions", CNN English Express,第31巻2号,pp.70-75, 2017年1月6日
  • "世界を変えるニッポンの新技術"(Unlimited Corridor),AERA 第30巻1号通巻1600号,pp.55-58, 2016年12月26日
  • "地上200メートルを歩き回れるVR装置、東大などが開発「Unlimited Corridor」", 高校生新聞 2016年11月号,2016年11月10日
  • "驚きの最新技術が集結! デジタル技術展で…"(Unlimited Corridor),日本テレビ スッキリ!!,2016年10月28日
  • Unlimited Corridor,NHK BS 国際報道,2016年10月27日
  • Unlimited Corridor,NHK ニュース シブ5時,2016年10月27日
  • "How technology can hack your tastebuds", ON JAPAN, CNN, 2016年10月26日
  • "POKEMON GO Ce N'est Qu'un Debut!"(メタクッキー,拡張満腹感), Le dernier numero de Science & Vie, No. 1189, p.40-46, 2016年9月21日
  • "VRの未来 触れる,走る…・新技術で体験がリアルに 映像コンテンツや生中継にもVR化の波",日経トレンディ,No.404,pp.98-99, 2016年8月4日.
  • "ゲームのムズカシイ話Vol.131 VRでCG空間を無限に歩くための取組み2 〜人間の錯覚を応用するアプローチ",週間ファミ通,2016年8月11日号,pp.250-251, 2016年7月28日.
  • 「だまされてニッコリ!“錯覚”最前線」,NHK サキどり↑,2016年6月19日
  • "超"仮想現実にようこそ! 〜バーチャルリアリティ開発最前線〜,NHK サイエンスZERO,2016年3月27日
  • ボイメン★クエスト「無果汁のかき氷シロップは全て同じ味って本当ですか?」,CBCテレビ ゴゴスマ,2015年12月14日
  • "不思議な発明が,世界を変える? SENSORS WONDER"(拡張満腹感),日本テレビ SENSORS,2015年6月6日.
  • "「無意識」に作用 仕事の効率向上"(時計メタファによる時間感覚変容), 日本経済新聞 12面, 2015年5月12日.
  • 拡張満腹感,NHK ネクストワールド 第4回,2015年1月25日.
  • "鉄道x映像展"(Sharelog, 鉄道思い出のぞき窓),テレビ埼玉 ごごたま,2014年9月4日.
  • "ダイエット最新事情教えます 脳と肥満のミステリー"(メタクッキー,拡張満腹感),TBS世界ふしぎ発見,2014年5月24日.
  • "その気にさせる新技術 満足感そのままで食事量減"(メタクッキー,拡張満腹感,拡張満腹感テーブルトップ), 日本産業新聞 8面, 2014年5月13日.
  • "あなたの怒りにはワケがある"(扇情的な鏡), AERA, pp. 10-15, 2014年5月12日.
  • "探訪ラボ 東京大学広瀬・谷川研究室"(思い出のぞき窓,拡張満腹感), 読売新聞朝刊 35面, 2014年4月20日.
  • "どうなる? 未来のシティボーイライフ。"(メタクッキー,拡張満腹感), POPEYE 804(2014年4月号), pp.106-107, 2014年3月10日.
  • "六本木ヒルズでアートを体感 最新デジタル&ウォーホル展"(扇情的な鏡), 日本テレビ PON!, 2014年3月7日.
  • "脳の「錯覚」で新ビジネス 東大やNTTなど 食事減っても満腹感 装置握れば「道案内」"(拡張満腹感テーブルトップ), 日本経済新聞夕刊 1面, 2014年1月30日.
  • "SIGGRAPH ASIA Report"(ARATOUCH), Software Design 2014年2月号, 2014年1月.
  • "未来のテレビ 第3弾"(メタクッキー), 日本テレビ 日テレアップDate!, 2013年11月17日.
  • "現実とゲームの世界は「PS5」で区別がなくなる", アスキークラウド 2013年12月号, 2013年10月24日.
  • "秋の大科学祭スペシャル 科学の未来へレッツゴー!(前編)"(メタクッキー), NHK サイエンスZERO, 2013年10月13日.
  • "脳を操るだましの術 バーチャルリアリティーの可能性"(扇情的な鏡,拡張満腹感,Magic Pot), 朝日新聞朝刊 23面, 2013年7月29日.
  • "研究最前線 第40回 拡張満腹感", 関塾TIMES 2013年6月号, 2013年6月1日.
  • "錯覚のミステリー なぜ脳はだまされるのか?", BSフジ ガリレオX, 2013年4月28日.
  • "味がないのに味がするクッキー登場!?"(メタクッキー),TBS コレで暮らしが変わるテレビ, 2013年1月3日
  • "SF映画のような新兵器 見掛けで満腹感を制御"(拡張満腹感),岐阜新聞,2012年12月27日
  • "天才をつくるキーワードは「身体性にあり!?」", monoマガジン, No.684, pp.26-27, 2012年12月16日
  • "SF映画のような新兵器 見掛けで満腹感を制御"(拡張満腹感),日本海新聞,2012年12月12日
  • "monoの大捜査線 これってダイエットメガネ? いえいえ実はARなんです!", monoマガジン, No.682, pp.120-121, 2012年11月16日
  • "DCEXPO2012"(拡張満腹感), J-WAVE Hello World_, 2012年10月30日
  • "Jamie on the Go クッキーが大きくなる?「拡張満腹感」を東大で体験", 週刊英和新聞Asahi Weekly 6面, 2012年10月26日
  • "車のバック時、背後を「透視」 映像技術が進化 デジタルコンテンツエキスポ開幕 "(拡張満腹感),日経産業新聞,2012年10月26日
  • "近未来のデジタル技術を体験"(拡張満腹感),日本テレビ スッキリ, 2012年10月26日
  • 拡張満腹感,フジテレビ 知りたがり, 2012年10月25日
  • "デジタルで変わる近未来生活"(拡張満腹感),テレビ東京 ワールドビジネスサテライト-> 記事(動画有), 2012年10月25日
  • "暮らしに役立つ最新バーチャルリアリティー"(拡張満腹感),NHK おはよう日本, 2012年10月25日
  • "わらしべマッドサイエンティスト 第68回 錯覚ダイエット",TV Bros., p.88, 2012年10月24日
  • メタクッキー, NHK ギャクテン教室, 2012年10月8日
  • 特集 マーケットを席巻する技術研究, リクルート『大学の約束』,pp.194, 2012年10月
  • スマホの「ライフログ」で未来予測 研究が活発に,日本経済新聞, 2012年9月28日
  • レシートログと消費予報, テレビ東京 ワールドビジネスサテライト, 2012年9月24日
  • ダイエットメガネ, NHK 堂本光一のNEWS LABO, 2012年8月17日
  • "成人病も予防? 味まで変える「驚異の錯覚」"(拡張満腹感,メタクッキー), テレビ朝日 モーニングバード, 2012年7月16日
  • READERS IN COUNCIL, The Japan Times, 2012年6月14日
  • 拡張満腹感,文化放送 くにまるジャパン, 2012年6月8日
  • 食べ物だけ映像アップ 「満腹感」もアップ, 日本テレビ スッキリ, 2012年6月8日
  • 食べ物だけ映像アップ 「満腹感」もアップ, 朝日新聞朝刊 33面, 2012年6月8日
  • Special goggles can fool wearers into eating less, The Japan Times, 2012年6月6日
  • 拡張満腹感, TBSラジオ GAKU-Shock, 2012年6月3日
  • "Japoneses afirmam que tamanho do apetite esta ligado ao dos alimentos", TV GLOBO Jornal Nacional, 2012年6月2日
  • "噂の検証2012" (拡張満腹感), エンターブレイン オトナファミ 2012年5月19日発売号, p.15, 2012年5月19日
  • 拡張満腹感, TBS 健康カプセル!ゲンキの時間, 2012年5月12日
  • "多機能メガネで"ダイエット"", フジテレビ とくダネ!, 2012年5月4日
  • 拡張満腹感, 日本放送 上柳昌彦のごごばん!, 2012年5月2日
  • 「美術のなぜ、ITで体感」(デジタル展示ケース), 日経新聞 夕刊 16面, 2012年5月1日
  • 拡張満腹感, テレビ朝日 スーパーJチャンネル, 2012年4月24日
  • 拡張満腹感, CBCラジオ 多田しげおの気分爽快!, 2012年4月16日
  • 顔, 読売新聞 朝刊 2面, 2012年4月15日
  • 拡張満腹感, 毎日放送 ちちんぷいぷい, 2012年4月13日
  • 拡張満腹感, TBSラジオ 森本毅郎・スタンバイ!, 2012年4月10日
  • ""最新メガネ"続々開発 ダイエットに"スマホ機能"も"(拡張満腹感), 日テレ NEWS24, 2012年4月6日
  • "メガネにダイエット効果!?"(拡張満腹感), 日テレ news every, 2012年4月6日
  • "メガネにダイエット効果!?"(拡張満腹感), 日テレ ZIP!, 2012年4月6日
  • "メガネにダイエット効果!?"(拡張満腹感), 日テレ NEWS ZERO, 2012年4月6日
  • "ダイエットめがね"(拡張満腹感),TOKYO FM クロノス, 2012年4月4日
  • "ダイエットメガネ"(拡張満腹感),TBS Nスタ, 2012年4月4日
  • "食べ物大きく見せ満腹感",日本テレビ スッキリ!, 2012年4月4日
  • "食べ物大きく見せ満腹感",テレビ朝日 やじうまワイド, 2012年4月4日
  • "食べ物大きく見せ満腹感",読売新聞 夕刊 13面, 2012年4月3日
  • "マーカーレスにニコファーレ、NEWラブプラスまで! 最先端AR(拡張現実)で世界が変わる",週刊アスキー2012年2月28日号,2012年2月14日
  • "メタクッキー+",日本テレビ「ここまでキテる夢科学 ワクワク未来研究所」,2012年2月11日
  • "Wired for Taste", 政府海外広報用電子書籍「Highlighting JAPAN」1月号, 2012年1月17日
  • "デジタル展示ケースを公開 凸版印刷・東京大学 共同で研究開発",新聞之新聞,2012年1月18日
  • "デジタル展示ケース公開",日刊工業新聞,2012年1月13日
  • "ホリダシMONO - デジタル展示ケース",テレビ東京 Mプラス9,2012年1月12日
  • "美術品に触れる疑似体験 凸版・東大 東京国立博物館で",日経産業新聞 朝刊 4面,2011年12月27日
  • "セカイを変えるAR最前線"(デジタルレールウェイミュージアム),小学館 DIME,2012年 1号,pp 134-135, 2011年12月20日
  • "セカイを変えるAR最前線"(電脳コイルAR),小学館 DIME,2012年 1号,pp 134-135,2011年12月20日
  • "おあしす - デジタルレールウェイミュージアム",読売新聞,2011年11月11日
  • "iPadかざすと列車が走る 鉄道博物館",産経新聞(埼玉版),2011年11月10日
  • "窓 - 鉄道車輌の前に携帯端末をかざすと画面に往事の姿が",日経新聞,2011年11月8日
  • "デジタルコンテンツEXPO特集" (PRIMA),日本テレビ iCon,2011年11月8日
  • "メタクッキー,メタリョーシカ",NHK 総合 五感の迷宮「脳が作る錯覚の世界」,2011年10月29日
  • "梅田の近未来「ナレッジ」体感"(メタクッキー),毎日新聞夕刊10面, 2011年8月26日
  • "デジタル展示ケース",日本テレビ SCOOPER, 2011年9月2日
  • "Virtual-Reality Scent System Fools Flavor Sense",IEEE Sepctrum,p.13,2011年6月11日
  • "メタクッキー",TBS 革命テレビ, 2011年3月6日
  • "本物の文化財? 3D 映像展示ケース"(デジタル展示ケース), 日経新聞, 2011年1月31日
  • "メタクッキー+",大阪読売テレビ 近未来妄想バラエティ ポジティブ万博201X,2010年12月26日.
  • "不可思議最先端フードを調査せよ!" (メタクッキー), 日本テレビ 不可思議探偵団, 2010 年11 月22 日.
  • "メタクッキー", NHK 総合 新感覚ゲーム クエスタ, 2010年11月4日.
  • "レシートログ",NHK 総合おはよう日本,2010年10月31日.
  • "キャンパスツアー これが東大だ!(2)" (メタクッキー), NHK教育 テストの花道, 2010 年10 月30 日.
  • "普通のクッキーを好きな味に変えて、タイムスリップまで可能に!?バーチャル・リアリティの進歩に迫る" (メタクッキー), BS Japan 世の中進歩堂, 2010年10月22日.
  • "<上重お役立ち新聞>東京大学・味覚変化ヘッドギア開発" (メタクッキー), 日本テレビ  ズームインサタデー,2010年10月16日.
  • "ヘッドギアで味覚が七変化" (メタクッキー), 産経新聞,2010年10月16日.
  • "<CHOICE>東京江東区・日本科学未来館・デジタルコンテンツEXPO2010・開幕" (メタクッキー),日本テレビ ズームインSUPER,2010年10月15日.
  • "VIRTUAL APPETITE" (メタクッキー),THE JAPAN TIMES 8 面,2010年10月15日.
  • "Makes sense" (メタクッキー), METRO 57面(Business & Finance), 2010年10月15日.
  • "Ziyology - The Meta Cookie", DISCOVERY CHANNEL CANADA "DAILY PLANET", 2010年10月.
  • " 技術狂熱分子的大聚会 SIGGRAPH2010 E-Tech( 新興技術展) - 明明是原味曲奇餅干,却品嘗奇妙滋味! Meta Cookie(変幻莫測的曲奇餅干)", CG Magazine (China) 09.2010, 2010年9月.
  • テレビ朝日 さきっちょ,2010年8月24日
  • フジテレビ 笑っていいとも!増刊号(INDUSTRY-X),2010年7月11日
  • "DIME SCOPE",小学館 DIME,2010年11号,2010年5月11日
  • テレビ東京 ワールドビジネスサテライト(トレンドたまご) (→動画) ,2010年3月8日
  • ”inter-glow”, 特集 「21 世紀のID --- インタラクションデザイン熟考」, AXIS, vol. 130, pp24-25, Dec. 2007.
  • ”ハイパーマニアックなメディアアート 東京大学大学院学際情報学府・情報学環『iii exhibiton 7』, ”次世代クリエイターの胎動 教育の現場から Vol. 15, ブレーン, vol. 47 / No.11, pp74-75, Nov. 2007.
  • ”現場から 科学と芸術融合 実用性を超えて”,読売新聞 夕刊, 2007年5月14日 12面記事.
  • ”情報工学と芸術 ユニークな融合”,毎日新聞, 2007年5月6日.
  • ”自然とデジタル”,日刊工業新聞, 2007年5月3日.
  • ”東大情報系院生がメディアアート展”,東京新聞 夕刊, 2006 年12 月18 日 5面記事.
  • “inter-glow,” NHK デジタル・スタジアム 鈴木康広セレクション, Oct. 2006.