Paper List of
Kunihiro Nishimura, Ph.D.

>>English

List of My Papers

論文

  1. 西村 邦裕,鈴木 康広,牛込 陽介,鳥越 祐輔,鳴海 拓志,佐藤 宗彦,谷川 智洋,廣瀬 通孝, ”交通系ICカードを用いた公共空間でのインタラクション:パブリックアートを通じた実証実験”, 情報処理学会論文誌,Vol.53,No.4,pp.1307-1318,2012.4月.
  2. 仲野 潤一,笠田 和宏,西村 邦裕,谷川 智洋,廣瀬 通孝, ”領域型バーチャルタイムマシン―過去の写真の撮影位置への誘導と現在風景への重畳”, 情報処理学会論文誌,Vol.52,No.12,pp.3611-3624,2011.12.
  3. Toshiaki Katayama, Mark D Wilkinson, Rutger Vos, Takeshi Kawashima, Shuichi Kawashima, Mitsuteru Nakao, Yasunori Yamamoto, Hong-Woo Chun, Atsuko Yamaguchi, Shin Kawano, Jan Aerts, Kiyoko F Aoki-Kinoshita, Kazuharu Arakawa, Bruno Aranda, Raoul JP Bonnal, José M Fernández, Takatomo Fujisawa, Paul MK Gordon, Naohisa Goto, Syed Haider, Todd Harris, Takashi Hatakeyama, Isaac Ho, Masumi Itoh, Arek Kasprzyk, Nobuhiro Kido, Young Joo Kim, Akira R Knjo, Fumikazu Konishi, Yulia Kovarskaya, Greg von Kuster, Alberto Labarga, Vachiranee Limviphuvadh, Luke McCarthy, Yasukazu Nakamura, Yunsun Nam, Kozo Nishida, Kunihiro Nishimura, Tatsuya Nishizawa, Soichi Ogishima, Tom Oinn, Shinobu Okamoto, Shujiro Okuda, Keiichiro Ono, Kazuki Oshita, Keun-Joon Park, Nicholas Putnam, Martin Senger, Jessica Severin, Yasumasa Shigemoto, Hideaki Sugawara, James Taylor, Oswaldo Trelles, Chisato Yamasaki, Riu Yamashita, Noriyuki Satoh and Toshihisa Takagi, "The 2nd DBCLS BioHackathon: interoperable bioinformatics web services for integrated applications", Journal of Biomedical Semantics, Vol.2, No.4, 2011.8. [ doi:10.1186/2041-1480-2-4]
  4. Hiroki Yamada, Kunihiro Nishimura, Tomohiro Tanikawa, and Michitaka Hirose, "Development of CMYK Color Display: Display by Chromogenic Effect to Control Painted Color on Paper", International Journal of Advanced Computer Science, Vol.1, No.1, 2011.
  5. Munehiko Sato, Yasuhiro Suzuki, Shinya Nishizaka, Yusuke Torigoe, Atsushi Izumihara, Atsushi Hiyama, Kunihiro Nishimura, Tomohiro Tanikawa, and Michitaka Hirose, "Large-scale displays for public spaces---constellation of departure: presenting the impression of airplanes taking off above an airport departure lounge", ACM Computers in Entertainment(CIE), Vol.9, No.1, Article 4, 2011.4. [DOI=10.1145/1953005.1953009]
  6. 西村 邦裕,鈴木 康広,上條 桂子,谷川 智洋,廣瀬 通孝, ”デジタルパブリックアート展『空気の港』におけるプロデュースとそのログ”, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 15, No.3, pp.407-416, 2010.10.
  7. 西村 邦裕,木村 健太郎,山崎 充彦,鈴木 康広,谷川 智洋,廣瀬 通孝, ”羽田空港バゲッジクレームにおけるパブリックアート:かばんの鳥”, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 15, No.3, pp.467-470, 2010.10.
  8. 佐藤 宗彦,鈴木 康広,西坂 信哉,鳥越 祐輔,泉原 厚史,檜山 敦,西村 邦裕,谷川 智洋,廣瀬 通孝, "“出発の星座”:空港出発ロビーにおける航空機離陸の臨場感提示", 日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 15, No.3, pp.325-334, 2010.10.
  9. 永徳 真一郎,西村 邦裕,谷川 智洋,廣瀬 通孝, ”立体表現と色彩表現を有する水滴ディスプレイのリフレッシュレート向上に関する研究”, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 15, No.3, pp.439-444, 2010.10.
  10. 仲野 潤一,西村 邦裕,谷川 智洋,廣瀬 通孝, ”Visual SLAMとGPSを用いた位置情報付き画像による都市空間記録の研究”, 電子情報通信学会論文誌 D, Vol.J93-D No.6 pp.901-908,2010.6.
  11. 徳田 雄嵩,西村 邦裕,鈴木 康広,谷川 智洋,廣瀬 通孝, ”渦輪ディスプレイの提案”, 情報処理学会論文誌,Vol.50,No.12,pp.2853-2862,2009.12.
  12. 西村 邦裕,谷川 智洋,広田 光一,廣瀬 通孝, ”ゲノムコピー数解析のためのインタラクティブ可視化環境の考察”, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol.12,No.4,pp.497-508, 2007.
  13. Richard Redon, Shumpei Ishikawa, Karen R. Fitch, Lars Feuk, George H. Perry, T. Daniel Andrews, Heike Fiegler, Michael H. Shapero, Andrew R. Carson, Wenwei Chen, Eun Kyung Cho, Stephanie Dallaire, Jennifer L. Freeman, Juan R. Gonzalez, Monica Gratacos, Jing Huang, Dimitrios Kalaitzopoulos, Daisuke Komura, Jeffrey R. MacDonald, Christian R. Marshall, Rui Mei, Lyndal Montgomery, Kunihiro Nishimura, Kohji Okamura, Fan Shen, Martin J. Somerville, Joelle Tchinda, Armand Valsesia, Cara Woodwark, Fengtang Yang, Junjun Zhang, Tatiana Zerjal, Jane Zhang, Lluis Armengol, Donald F. Conrad, Xavier Estivill, Chris Tyler-Smith, Nigel P. Carter, Hiroyuki Aburatani, Charles Lee, Keith W. Jones, Stephen W. Scherer and Matthew E. Hurles, "Global variation in copy number in the human genome", Nature, Vol.444, pp.444-454, 2006.
  14. 幸坂 大輔,西村 邦裕,谷川 智洋,広田 光一,廣瀬 通孝, ”分散型物理シミュレータを用いたVR空間の構築 -処理および通信パイプラインの改良-”, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol.11,No.3,pp.421-431, 2006.
  15. 西村 邦裕,広田 光一,廣瀬 通孝, ”バーチャルリアリティを利用したゲノム関連展示と来館者の反応”, 日本ミュージアム・マネージメント学会 研究紀要第10号,2006.
  16. Daisuke Komura, Kunihiro Nishimura, Shumpei Ishikawa, Binaya Panda, Jing Huang, Hiroshi Nakamura, Sigeo Ihara, Michitaka Hirose, Keith W. Jones and Hiroyuki Aburatani, "Noise reduction from genotyping microarrays using probe level information", In Silico Biology, Vol.6, pp.79-92, 2006.
  17. 西村 邦裕,石川 俊平,堤 修一,油谷 浩幸,広田 光一,廣瀬 通孝, ”没入型多面ディスプレイを利用した遺伝子発現量情報解析作業空間の構築 −遺伝子選択とグループ分け−”, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol.11,No.1,pp.161-170, 2006.
  18. 西村 邦裕,広田 光一,廣瀬 通孝, ”研究者による博物館展示 -ゲノム関連展示と来場者の反応-”, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol.10,No.4,pp.581-590,2005.
  19. 西村 邦裕,石川 俊平,広田 光一,油谷 浩幸,廣瀬 通孝, ”ゲノムコピー数異常検出のための可視化手法”, 日本データベース学会Letters (DBSJ Letters),Vol.4,No.3,pp.1-4,2005.
  20. Shumpei Ishikawa, Daisuke Komura, Shingo Tsuji, Kunihiro Nishimura, Shogo Yamamoto, Binaya Panda, Jing Huang, Masashi Fukayama, Keith W. Jones and Hiroyuki Aburatani, "Allelic dosage analysis with genotyping microarrays", Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.333 (4), pp.1309-1314, 2005.
  21. Yutaka Midorikawa, Shuichi Tsutsumi, Kunihiro Nishimura, Naoko Kamimura, Makoto Kano, Hirohiko Sakamoto, Masatoshi Makuuchi, and Hiroyuki Aburatani, "Distinct Chromosomal Bias of Gene Expression Signatures in the Progression of Hepatocellular Carcinoma", Cancer Res., Vol.64, pp.7263-7270, 2004.
  22. N. Nakatani, H. Aburatani, K. Nishimura, J. Semba, T. Yoshikawa, "Comprehensive expression analysis of a rat depression mode", The Pharmacogenomics Journal, Vol.4 (2), pp.114 - 126, 2004.
  23. Shuichi Tsutsumi, Takeshi Taketani, Kunihiro Nishimura, Xijin Ge, Tomohiko Taki, Kanji Sugita, Eiichi Ishii, Ryoji Hanada, Misao Ohki, Hiroyuki Aburatani, and Yasuhide Hayashi, "Two Distinct Gene Expression Signatures in Pediatric Acute Lymphoblastic Leukemia with MLL Rearrangements ", Cancer Res., Vol.63, pp.4882-4887, 2003.
  24. Makoto Kano, Kunihiro Nishimura, Shuichi Tsutsumi, Hiroyuki Aburatani, Koichi Hirota and Michitaka Hirose, "Cluster Overlap Distribution Map: Visualization for Gene Expression Analysis Using Immersive Projection Technology", Presence: Teleoperators and Virtual Environments, Vol.12, Issue.1, pp.96-109, 2003.
  25. Makoto Kano, Kunihiro Nishimura, Shumpei Ishikawa, Shuichi Tsutsumi, Koichi Hirota, Michitaka Hirose and Hiroyuki Aburatani, "Expression Imbalance Map: A New Visualization Method for Detection of mRNA Expression Imbalance Regions", Physiol. Genomics, Vol.13, pp.31-46, 2003.

国際学会(査読付き/invited)

  1. Kyohei Ogawa, Toshiki Takeuchi, Kunihiro Nishimura, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose, "Utterance Rate Feedback for Enhancing Mealtime Communication," ism, pp.369-374, 2011 IEEE International Symposium on Multimedia, 2011. [DOI:10.1109/ISM.2011.67]
  2. Tomohiro Tanikawa, Aiko Nambu, Takuji Narumi, Kunihiro Nishimura and Michitaka Hirose, "Olfactory Display Using Visual Feedback Based on Olfactory Sensory Map", VIRTUAL AND MIXED REALITY - NEW TRENDS, Lecture Notes in Computer Science, Volume 6773/2011, pp.280-289, 2011. [DOI: 10.1007/978-3-642-22021-0_31]
  3. Masaaki Miyaura, Takuji Narumi, Kunihiro Nishimura, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose, "Olfactory feedback system to improve the concentration level based on biological information", IEEE Virtual Reality Conference (VR), pp.139-142, Singapore, 2011.3.19-23. [DOI:10.1109/VR.2011.5759452]
  4. Masayuki Ono, Kunihiro Nishimura, Tomohiro Tanikawa, and Michitaka Hirose, "Structuring of lifelog captured with multiple sensors by using neural network", In Proceedings of the 9th ACM SIGGRAPH Conference on Virtual-Reality Continuum and its Applications in Industry (VRCAI '10). pp.111-118, 2010. [DOI=10.1145/1900179.1900202]
  5. Hiroki Yamada, Kunihiro Nishimura and Michitaka Hirose, "Development of Interactive Inky Image Display-Paper-made Display with Thermochromic Ink and Temperature Control System", 3rd International Conference on Computer and Electrical Engineering (ICCEE 2010), Vol. 10, x332, 2010.
  6. Munehiko Sato, Yasuhiro Suzuki, Shinya Nishizaka, Yusuke Torigoe, Atsushi Izumihara, Atsushi Hiyama, Kunihiro Nishimura, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose, “Large-scale Displays for Public Spaces - Constellation of Departure: Presenting the Impression of Airplanes Taking Off above an Airport Departure Lounge”, ACM ACE 2010 , Taipei, Taiwan, November, 2010. 11.
  7. Kunihiro Nishimura, Yasuhiro Suzuki, Tomohiro Tanikawa, Takeshi Naemura, Kiyoharu Aizawa, and Michitaka Hirose, "Report of the Exhibition : "Digital Public Art in HANEDA AIRPORT ‘AIR HARBOR’ - Technology Meets Air: A Sensation of a New World"", VSMM 2010 : 16th International Conference on Virtual Systems and Multimedia, pp.45-50, Seoul, Korea, 2010.10.20-23.
  8. Yutaka Tokuda, Kunihiro Nishimura, Yasuhiro Suzuki, Tomohiro Tanikawa, and Hirose Michitaka, "Vortex Ring Based Display", VSMM 2010 : 16th International Conference on Virtual Systems and Multimedia, pp.51-54, Seoul, Korea, 2010.10.20-23. [Best Paper Award]
  9. Yosuke Ushigome, Ryuma Niiyama, Kunihiro Nishimura, Tomohiro Tanikawa, and Michitaka Hirose, "Archi/e Machina : Interactive Architecture based on Tensegrity", VSMM 2010 : 16th International Conference on Virtual Systems and Multimedia, pp.55-62, Seoul, Korea, 2010.10.20-23.
  10. Toshiki Takeuchi, Takuji Narumi, Kunihiro Nishimura, Tomohiro Tanikawa, and Michitaka Hirose, "Receiptlog Applied to Forecast of Personal Consumption", VSMM 2010 : 16th International Conference on Virtual Systems and Multimedia, pp.79-83, Seoul, Korea, 2010.10.20-23.
  11. Masayuki Ono, Kunihiro Nishimura, Tomohiro Tanikawa, and Michitaka Hirose, "Neural Network based Event Estimation on Lifelog from Various Sensors", VSMM 2010 : 16th International Conference on Virtual Systems and Multimedia, pp.84-91, Seoul, Korea, 2010.10.20-23.
  12. Toshiki Takeuchi, Masayuki Ono, Yusuke Onojima, Shigeo Yoshida, Kentaro Kimura, Sho Sakurai, Oribe Hayashi, Takuji Narumi, Kunihiro Nishimura, Tomohiro Tanikawa, and Michitaka Hirose, "Visualization of Simultaneous Experiences by Multi Sided Recording of an Event", VSMM 2010 : 16th International Conference on Virtual Systems and Multimedia, pp.281-284, Seoul, Korea, 2010.10.20-23.
  13. Kunihiro Nishimura, "Visualization of Lifelog Data for Supporting Daily Behavior", 2nd JFLI workshop, Paris, France, 2010.10.12-13.
  14. Kunihiro Nishimura, Yasuhiro Suzuki, Michitaka Hirose, ”Touch Light Through the Leaves: A Tactile Display for Light and Shadow”, SIGGRAPH 2010, Emerging Technologies, Article No. 23, Los Angels, USA, 2010.7. [DOI]
  15. Aiko Nambu, Takuji Narumi, Kunihiro Nishimura, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose, "Visual-Olfactory Display Using Olfactory Sensory Map", IEEE VR 2010, pp.39-42, Waltham, MA, USA, 2010.3.20-24. [DOI]
  16. Kunihiro Nishimura, Yasuhiro Suzuki, Yutaka Tokuda, Tomohiro Iida, Takashi Kajinami, Tomohiro Tanikawa, and Michitaka Hirose, "Tree-shaded screen: A Propeller type screen for Public Art", Proceedings of Joint Virtual Reality Conference of EGVE-ICAT-EuroVR, pp.101-104, Lyon, France, 2009.12.
  17. Shin-ichiro Eitoku, Kunihiro Nishimura, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose, "Study on Design of Controllable Particle Display Using Water Drops Suitable for a Light Environment", Proceedings of ACM Virtual Reality Software & Technology 2009 (VRST 2009), Kyoto, JAPAN, pp.23-26, 2009.11.18-20.
  18. Michitaka Hirose, Kiyoharu Aizawa, Takeshi Naemura, Naoki Kawakami, Tomohiro Tanikawa, Yasuhiro Suzuki and Kunihiro Nishimura, ”AIR HARBAR -Technology meets Air: Feeling the New World-”, ASIAGRAPH 2009 in Tokyo Proceedings, Vol.3, No.1, p.150, 2009.10.22-25.
  19. Kunihiro Nishimura, Aoi Ito, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose, "VR Based Movie Watching Method by Reproduction of Spatial Sensation", Proceedings of the 3rd International Conference on Virtual and Mixed Reality: Held as Part of HCI International 2009 , Lecture Notes In Computer Science; Vol. 5622, pp.80-89, 2009.7.
  20. Yosuke Ushigome, Kunihiro Nishimura and Michitaka Hirose: "structured creature: A Prototype of Moving Space Structure," Proceedings of the 2008 International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology (ACE2008), Vol. 352, pp.301-304, Yokohama, Japan, 2008.12. [PDF] [DOI]
  21. Aiko Nambu, Takuji Narumi, Kunihiro Nishimura, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose, "A Study of Providing Colors to Change Olfactory Perception - Using “flavor of color”", ASIAGRAPH 2008, Vol.2, No.2, pp.265-268, 2008.
  22. Jun'ichi Nakano, Takashi Aoki, Kunihiro Nishimura, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose, "Robust Real-Time Lifelog Display System Using Picture Processing", ASIAGRAPH 2008, Vol.2, No.2, pp.238-241, 2008.
  23. Hiroko Nozawa, Takuji Narumi, Kunihiro Nishimura, Michitaka Hirose, "Heart-Beat Invader - Game Design to Promote Communication Between Two Users", ASIAGRAPH 2008, Vol.2, No.2, pp.230-233, 2008.
  24. Aoi Ito, Kunihiro Nishimura, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose, "Reconstruction of Lost Spatial Sensation by the Reproduction of Movie CameraWork", ASIAGRAPH 2008, Vol.2, No.2, pp.64-67, 2008.
  25. Kunihiro Nishimura, Tomohiro Tanikawa and Michitaka Hirose, “Human Genome Data Visualization Using a Wall Type Display”, Proceedings Computer-Human Interaction (8th Asia-Pacific Conference : APCHI2008), pp.175-182, Seoul, Korea. 2008.7.6-9. [PDF] [DOI]
  26. Kunihiro Nishimura, Takahiro Ohya, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose, "Visualization of Life Log Face Data - Utility of Life Log Data withHuman Face -", Proceedings of ASIAGRAPH 2008, Vol.2, No.1, pp.1-6, 2008.
  27. Kunihiro Nishimura, "Information Visualization of Past Working History for Data Analysis", IJARC/ACCV Joint International Symposium on Computer Vision, MS-IJARC, pp.53-58, Tokyo, Japan, 2007.11. (invited)
  28. Kunihiro Nishimura, and Michitaka Hirose, "The Study of Past Working History Visualization for Supporting Trial and Error Approach in Data Mining", HCI International 2007, Vol.8, LNCS 4557, pp.327-334, Beijing, China, 2007.7. [DOI]
  29. Kunihiro Nishimura, Shumpei Ishikawa, Koichi Hirota, Hiroyuki Aburatani, and Michitaka Hirose, "Information Visualization of Allelic Copy Number Data for Genome Imbalance Analysis", 11th International Conference on Human - Computer Interaction (HCI International 2005), CD-ROM, Las Vegas, U.S.A., 2005.7.
  30. Kunihiro Nishimura, Shumpei Ishikawa, Koji Abe, Shuichi Tsutsumi, Hiroyuki Aburatani, Koichi Hirota, and Michitaka Hirose, "Virtual Environment Design for Gene Selection Using Gene Expression Data", 10th International Conference on Human - Computer Interaction (HCI International 2003), Vol.1, pp.1213-1217, Crete, Greece, 2003.6.
  31. Keisuke Ueki, Akitake Mukasa, Xijin Ge, Kunihiro Nishimura, Ryo Nishikawa, Takamitsu, Fujimaki, Akio Asai, Takaaki Kirino and Hiroyuki Aburatani, "The classification of gliomas based on gene expression profile analysis using DNA microarray", the first meeting of the Asian Society for Neuro-Oncology, Kumamoto, Japan, 2002.11.
  32. Makoto Kano, Shuichi Tsutsumi, Kunihiro Nishimura, Hiroyuki Aburatani, Koichi Hirota, Michitaka Hirose, “Visualization for Genome Function Analysis Using Immersive Projection Technology”, IEEE Virtual Reality Conference 2002, pp.224-231, Florida, U.S.A., 2002.3.

国際学会ポスター発表(査読付き)

  1. Kunihiro Nishimura, Yasuhiro Suzuki, Michitaka Hirose, "Please Watch Your Step --- From Digital Public Art in Haneda Airport “AIR HARBOR”", Proceedings of ASIAGRAPH 2010 in Tokyo, Vol.4, No.2, pp.85-86, 2010.
  2. Kunihiro Nishimura, Yasuhiro Suzuki, Michitaka Hirose, "Note from “1” and “2” --- From Digital Public Art in Haneda Airport “AIR HARBOR”", Proceedings of ASIAGRAPH 2010 in Tokyo, Vol.4, No.2, pp.87-88, 2010.
  3. Sosuke Takamatsu, Kunihiro Nishimura, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose, "Recommendation of ‘Co-Eat’ with Using Life-Log System", Proceedings of ASIAGRAPH 2010 in Tokyo, Vol.4, No.2, pp.89-90, 2010.
  4. Munehiko Sato, Yasuhiro Suzuki, Shinya Nishizaka, Yusuke Torigoe, Atsushi Izumihara, Atsushi Hiyama, Kunihiro Nishimura, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose, "Highly integratable large-scale displays for public spaces", UbiComp (Adjunct Papers) 2010: pp.427-428, 2010. [DOI]
  5. Toshiki Takeuchi, Takuji Narumi, Kunihiro Nishimura, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose, "Forecast and visualization of future expenditure with logging and analyzing receipts", SIGGRAPH 2010 Posters, Article No.: 153, Los Angeles, 2010.7.25-30. [DOI]
  6. Kunihiro Nishimura, Jun'ichi Nakano, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose, "Visualization of multiple people's lifelog: collecting "Ant's-eye view" to generate "Bird's-eye view"", SIGGRAPH 2010 Posters, Article No.: 150, Los Angeles, 2010.7.25-30. [DOI]
  7. Takashi Suzuki, Kunihiro Nishimura, Michitaka Hirose, ""wavers": a perceptible vibration system", ACM International Conference Proceeding Series; Vol. 352, Proceedings of the 2008 International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology (ACE2008), p.399, 2008. [DOI]
  8. Yosuke Ushigome, Kunihiro Nishimura, Michitaka Hirose, ""structured creature": a prototype for interactive architecture", ACM International Conference Proceeding Series; Vol. 352, Proceedings of the 2008 International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology (ACE2008), p.401, 2008. [DOI]
  9. Takashi Suzuki, Kunihiro Nishimura, Tomohiro Tanikawa, Yasuhiro Suzuki, Michitaka Hirose, "“wavers”: A Texture Prceptible Vibration System", ASIAGRAPH 2008 in Tokyo Proceedings, Vol.2, No.2, p.278, 2008.
  10. Yosuke Ushigome, Kunihiro Nishimura, Michitaka Hirose, ""structured creature": A Prototype of Moving Space Structure", ASIAGRAPH 2008 in Tokyo Proceedings, Vol.2, No.2, p.282, 2008.
  11. Hiroko Nozawa, Takuji Narumi, Kunihiro Nishimura, Michitaka Hirose, "Beat story: life-log system of subjective time using heart beat rate", SIGGRAPH Posters 2008, p.121, 2008.
  12. Yutaka Tokuda, Yasuhiro Suzuki, Kunihiro Nishimura, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose, "Controllable vortex display", SIGGRAPH Posters 2008, p.50, 2008.
  13. Aiko Nambu, Takuji Narumi, Kunihiro Nishimura, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose, "nioi cafe;: olfactory display system with visual feedback", SIGGRAPH Posters 2008, p.92, 2008.
  14. Kunihiro Nishimura, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose, "Visualization Methods of Past Working History for Data Mining", Proceedings of ASIAGRAPH 2008, Vol.2, No.1, p.301, 2008.
  15. Kunihiro Nishimura, Jun'ichi Nakano, Masahiro Yamaguchi, Takashi Aoki, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose "Visualization of Real Time Life Log Data using GPS and Camera", Proceedings of ASIAGRAPH 2008, Vol.2, No.1, p.303, 2008.
  16. Kunihiro Nishimura, Takashi Aoki, Masahiro Yamaguchi, Tomohiro Tanikawa,"Visualization of Photo Data using Time Axis and Position Information" Proceedings of ASIAGRAPH 2008, Vol.2, No.1, p.340, 2008.
  17. Kunihiro Nishimura, Shumpei Ishikawa, Shuichi Tsutsumi, and Hiroyuki Aburatani, "Seamless Zooming Viewer For Integrated Microarray Analysis", The 7th International Workshop on Advanced Genomics, p.123, Tokyo, Japan, 2007.11.
  18. Daisuke Komura, Shumpei Ishikawa, Fan Shen, Kunihiro Nishimura, Sigeo Ihara, Hiroshi Nakamura, Keith W. Jones, Jing Huang, and Hiroyuki Aburatani, "Genome-Wide Detection of Human Copy Number Variations Using High-Density DNA Oligonucleotide Arrays", The 17th International Conference on Genome Informatics (GIW 2006), Genome Informatics, Vol.17, pp.033-1-2, Yokohama, Japan, 2006.12.
  19. Daisuke Komura, Kunihiro Nishimura, Shumpei Ishikawa, Binaya Panda, Jing Huang, Hiroshi Nakamura, Sigeo Ihara, Michitaka Hirose, Keith Jones, Hiroyuki Aburatani, "Reducing experimental noise from genotyping microarray using probe information", 4th European Conference on Computational Biology (ECCB 05), Madrid, Spain, 2005.9-10.
  20. Yutaka Midorikawa, Shogo Yamamoto, Shumpei Ishikawa, Naoko Kamimura, Kunihiro Nishimura, Haruhiko Sugimura, Masatoshi Makuuchi and Hiroyuki Aburatani, "High-resolution analysis of DNA copy number alterations in hepatocarcinogenesis using single nucleotide polymorphism arrays", 96th AACR(American Association for Cancer Research) Annual Meeting, Proc Amer Assoc Cancer Res, Vol.46, p.90, 2005.
  21. Kunihiro Nishimura, Shumpei Ishikawa, Koichi Hirota, Hiroyuki Aburatani, Michitaka Hirose, "Three-dimensional visualization of allelic copy number data", The 15th International Conference on Genome Informatics (GIW 2004), Genome Informatics, Vol.15, p.169, Yokohama, Japan, 2004.12.
  22. Kunihiro Nishimura, Koji Abe, Shumpei Ishikawa, Shuichi Tsutsumi, Hiroyuki Aburatani, Koichi Hirota, and Michitaka Hirose, "Virtual Environment Design Guidelines for Gene Expression Analysis: The Utility of a Lab Bench Metaphor and a Road Metaphor", IEEE Virtual Reality Conference 2004, pp.247-248, Chicago, USA, 2004.3.
  23. Yutaka Midorikawa, Shuichi Tsutsumi, Kunihiro Nishimura, Naoko Kamimura, Naoko Kamimura, Hirohiko Sakamoto, Masatoshi Makuuchi and Hiroyuki Aburatani, "Unique signiture using expression imbalance map profile in the progression of hepatocellular carcinoma", 95th AACR(American Association for Cancer Research) Annual Meeting, Proc Amer Assoc Cancer Res, Vol.45, p.1730, 2004.
  24. Kunihiro Nishimura, Koji Abe, Shumpei Ishikawa, Shuichi Tsutsumi, Koichi Hirota, Hiroyuki Aburatani, Michitaka Hirose, "A PCA based method of gene expression visual analysis", The 14th International Conference on Genome Informatics (GIW 2003), Genome Informatics, Vol.14, pp.346-347, Yokohama, Japan, 2003.12.
  25. Kunihiro Nishimura, Shumpei Ishikawa, Shuichi Tsutsumi, Hiroyuki Aburatani, Koichi Hirota, and Michitaka Hirose, "Gene Selection Using Gene Expression Data in a Virtual Environment", The 13th International Conference on Genome Informatics (GIW 2002), Genome Informatics, Vol.13, pp.276-277, Ebisu, Japan, 2002.12. [pdf 822KB]
  26. Makoto Kano, Kunihiro Nishimura, Michitaka Hirose, Hiroyuki Aburatani, Takao Hamakubo, Tatsuhiko Kodama, "Visualization for Genome Function Analysis", IEEE Virtual Reality Conference 2001, pp.301-302, Yokohama, Japan, 2001.3. [pdf 63KB]

Cold Spring Harbor Laboratory conference

  1. Kunihiro Nishimura, Shumpei Ishikawa, Shuichi Tsutsumi, and Hiroyuki Aburatani "A New Tool With Seamless Zooming View For Integrated Microarray Analyses", The sixth Cold Spring Harbor Laboratory/Wellcome Trust conference on Genome Informatics, Hinxton, UK, 2006.9.
  2. Kunihiro Nishimura, Shumpei Ishikawa, Daisuke Komura, Michitaka Hirose, and Hiroyuki Aburatani "Visualization for finding copy number polymorphism regions using genotyping microarray", The fifth Cold Spring Harbor Laboratory/Wellcome Trust conference on Genome Informatics, Cold Spring Harbor, NY, U.S.A., 2005.10-11.
  3. Shumpei Ishikawa, Kunihiro Nishimura, and Hiroyuki Aburatani, "Dissecting Copy Number Polymorphisms by Integrating Allelic Information", The 18th Annual Meeting on Genome Science, The Biology of Genomes, Cold Spring Harbor Laboratory, NY, U.S.A., 2005.5.
  4. Kunihiro Nishimura, Shumpei Ishikawa, Michitaka Hirose, and Hiroyuki Aburatani, "Genome Imbalance Map: Visualization of Allelic Copy Number Using Genotyping Microarray", The fourth Cold Spring Harbor Laboratory/Wellcome Trust conference on Genome Informatics, Hinxton, UK, 2004.9.

Video

  1. Munehiko Sato, Yasuhiro Suzuki, Shinya Nishizaka, Yusuke Torigoe, Atsushi Izumihara, Atsushi Hiyama, Kunihiro Nishimura, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose "Highly integratable large-scale displays for public spaces", UbiComp (Adjunct Papers) 2010, pp.427-428, 2010. [DOI]
  2. Kunihiro Nishimura, Shinobu Okamoto, Mitsuteru Nakao, Michitaka Hirose, Yasukazu Nakamura, " "Visualization of Prokaryote Genome Data: genoDive Pro", 17th Annual International Conference on Intelligent Systems for Molecular Biology (ISMB), 2009. [video]

解説論文・解説記事など

  1. 西村 邦裕, 羽田空港で開催したデジタルパブリックアート「空気の港」展",画像ラボ,2012年3月号,2012.
  2. 西村 邦裕,高木 幸一, "編集にあたって", 特集 バーチャルリアリティとインタラクティブアートの相互作用による発展情報処理学会学会誌,Vol.52, No. 4,5, 2011.
  3. 西村 邦裕, "羽田空港におけるディジタルパブリックアート「空気の港」展", 特集 バーチャルリアリティとインタラクティブアートの相互作用による発展情報処理学会学会誌,Vol.52, No. 4,5, 2011.
  4. 西村 邦裕, ”公共空間におけるメディア芸術の展示:「空気の港」展の事例より”,特集 VRと社会,コラボレーションの現場, 日本バーチャルリアリティー学会学会誌,Vol.15,No.3,pp.146-149, 2010.10.
  5. 西村 邦裕, ”生命科学分野・ゲノムデータの可視化技術 (小特集 生命情報学が直面する大規模ゲノムデータ時代の課題)”, 情報処理学会 情報処理 Vol. 50(通号 535), No. 9, pp.859-865,2009.9.
  6. 西村邦裕,鈴木太朗, ”小特集1 アルスエレクトロニカ2008Campus展報告 キャンパス展の開催・運営”, 日本バーチャルリアリティ学会学会誌,Vol.14, No.1,2009.
  7. 西村邦裕, ”トピックス/VR文化フォーラム 鉄道とシミュレータ”, 日本バーチャルリアリティ学会学会誌,Vol.13, No.4,2008.
  8. 西村 邦裕, ”ヒトゲノムのコピー数多型の研究と可視化技術”テクノカレント,WEIS(財団法人世界経済情報サービス),No.444,平成19年6月15日,2007. [PDF]
  9. 西村 邦裕, ”VR技術を用いた可視化--3次元情報提示とインタラクション”(特集 3DとVR), 可視化情報学会誌,Vol.27,No.106 (2007/7),pp.168-173, 図巻頭1p, 2007.
  10. 西村邦裕, ”小特集3 ASIAGRAPH2007inTokyo報告 先端技術展報告”, 日本バーチャルリアリティ学会学会誌,Vol.12, No.4,2007.
  11. 西村邦裕, ”会議参加報告 第17回 人工現実感”, 日本バーチャルリアリティ学会学会誌,Vol.12, No.3,2007.
  12. 西村邦裕,油谷浩幸, ”研究室紹介 東京大学 先端科学技術研究センター システム生物医学ラボラトリ ゲノムサイエンス分野 油谷研究室”, 日本バーチャルリアリティ学会学会誌,Vol.12, No.2,2007.
  13. 油谷 浩幸,石川 俊平,西村 邦裕, ”高密度ゲノムアレイを用いたMolecular Karyotyping”, バイオテクノロジージャーナル2005年1-2月号(Vol.5 No.1),pp.77-79,羊土社,2005.
  14. 西村邦裕, ”会議参加報告 IEEE Virtual Reality 2006”, 日本バーチャルリアリティ学会学会誌,Vol.11, No.2,2006.
  15. 西村邦裕, ”会議参加報告 HCI international2005”, 日本バーチャルリアリティ学会学会誌,Vol.10, No.3,2005.
  16. 西村邦裕, ”会議参加報告 HIS2003”, 日本バーチャルリアリティ学会学会誌,Vol.8, No.4,2003.
  17. 西村邦裕, ”会議参加報告 HCI international2003”, 日本バーチャルリアリティ学会学会誌,Vol.8, No.3,2003.

口頭発表

  1. 山田 啓己,西村 邦裕,谷川 智洋,廣瀬 通孝, "赤外光熱変換によるCMYKカラーディスプレイの開発とその応用", 日本バーチャルリアリティ学会第16回大会,函館,2011年9月20日-22日.
  2. 竹内 俊貴, 中島 統太郎, 西村 邦裕, 谷川 智洋, 廣瀬 通孝, 複数の深度カメラを用いた空間ライフログシステムの構築 日本バーチャルリアリティ学会第16回大会,函館,2011年9月20日-22日.
  3. 中島 統太郎, 竹内 俊貴, 西村 邦裕, 谷川 智洋, 廣瀬 通孝, 記録された三次元映像の実世界重畳による展示物の背景情報の伝達 日本バーチャルリアリティ学会第16回大会,函館,2011年9月20日-22日.
  4. 吉田 成朗, 竹内 俊貴, 鳴海 拓志, 西村 邦裕, 谷川 智洋, 廣瀬 通孝, 多人数による震災体験情報の時空間的可視化と分析 日本バーチャルリアリティ学会第16回大会,函館,2011年9月20日-22日.
  5. 山崎 充彦, 鳥越 祐輔, 鳴海 拓志, 西村 邦裕, 谷川 智洋, 廣瀬 通孝, 動画像を用いた時間方向に拡張されたVR空間構成に関する研究 日本バーチャルリアリティ学会第16回大会,函館,2011年9月20日-22日.
  6. 仲野 潤一, 笠田 和宏, 鳴海 拓志, 西村 邦裕, 谷川 智洋, 廣瀬 通孝, 領域型バーチャルタイムマシンにおける過去と現在を融合した重畳手法の提案, 日本バーチャルリアリティ学会第16回大会,函館,2011年9月20日-22日.
  7. 中島 統太郎, 竹内 俊貴, 西村 邦裕, 谷川 智洋, 廣瀬 通孝, "PRIMA:複数Kinectを用いた異時間インタラクションシステム", コンピュータエンターテインメントデベロッパーズカンファレンス2011(CEDEC2011) ,横浜,2011年9月6日-8日.
  8. 小川 恭平,竹内 俊貴,西村 邦裕,谷川 智洋,廣瀬 通孝, "発話率のフィードバックによる食事コミュニケーション支援", 電子情報通信学会 マルチメディア・仮想環境基礎研究会(MVE)第74回ヒューマンインタフェース学会研究会「人工現実感および一般(SIG-VR-03)」, 東京,2011年6月28日-29日.
  9. 荒川 卓也,山崎 充彦,林 織部,西村 邦裕,谷川 智洋,廣瀬 通孝, "高精細大画面ディスプレイを利用した可視化を対象とする視線位置に応じたインタラクティブな情報認識支援システム", 電子情報通信学会 マルチメディア・仮想環境基礎研究会(MVE)第74回ヒューマンインタフェース学会研究会「人工現実感および一般(SIG-VR-03)」, 東京,2011年6月28日-29日.
  10. 山田 啓己,西村 邦裕,谷川 智洋,廣瀬 通孝, "赤外光熱変換に基づく省電力型高解像度CMYKディスプレイの開発", 日本バーチャルリアリティ学会第10回ウェアラブル/ユビキタスVR 研究会,東京,2011年6月29日.
  11. 竹内 俊貴,中島 統太郎,西村 邦裕,谷川 智洋,廣瀬 通孝, "PRIMA ~異なる時間軸上のユーザとのインタラクションを実現するシステム~", 情報処理学会 第20回エンタテインメントコンピューティング研究発表会,筑波,2011年5月13日-14日.
  12. 高松 創介,西村 邦裕,谷川 智洋,廣瀬 通孝, ”ライフログを用いた共食レコメンデーションに関する研究”, C7-3,2010年度 HCGシンポジウム,宮崎,2010年12月15-17日.
  13. 鳥越 祐輔,西村 邦裕,谷川 智洋,廣瀬 通孝, ”単一カメラ動画からのインタラクティブかつ動きのある空間の再構築”, エンタテインメントコンピューティング2010,京都,2010年10月22日-24日.
  14. 高松 創介,西村 邦裕,谷川 智洋,廣瀬 通孝, ”ライフログを用いた共食支援システムに関する研究”, エンタテインメントコンピューティング2010,京都,2010年10月22日-24日.
  15. 林 織部,西村 邦裕,谷川 智洋,廣瀬 通孝, ”視覚の顕著性を用いた可視化手法の評価と改良”, 日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,1A2-5,CD-ROM,2010. 日本バーチャルリアリティ学会第15回大会,金沢,2010年9月15日-17日.
  16. 竹内 俊貴,谷川 智洋,西村 邦裕,廣瀬 通孝, ”Webサービス“Twitter”における情報の関連性の可視化”, 日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,1B1-1,CD-ROM,2010. 日本バーチャルリアリティ学会第15回大会,金沢,2010年9月15日-17日.
  17. 西村 邦裕,鈴木 康広,廣瀬 通孝, ”触わる木漏れ日:光と影の手持ち触覚ディスプレイ”, 日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,1B1-4,CD-ROM,2010. 日本バーチャルリアリティ学会第15回大会,金沢,2010年9月15日-17日.
  18. 山田 啓己,西村 邦裕,廣瀬 通孝, ”インク表記文字ディスプレイの開発とその評価”, 日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,1C2-1,CD-ROM,2010. 日本バーチャルリアリティ学会第15回大会,金沢,2010年9月15日-17日.
  19. 仲野 潤一,笠田 和宏,西村 邦裕,谷川 智洋,廣瀬 通孝, ”過去の写真の撮影位置推定・誘導システムにおける誘導手法の改善”, 日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,1A2-5,CD-ROM,2010. 日本バーチャルリアリティ学会第15回大会,金沢,2010年9月15日-17日.
  20. 永徳 真一郎,西村 邦裕,谷川 智洋,廣瀬 通孝, ”水滴を用いた自由空間内での温度表現に関する基礎検討”, 日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,3B3-6,CD-ROM,2010. 日本バーチャルリアリティ学会第15回大会,金沢,2010年9月15日-17日.
  21. 小野 将之,西村 邦裕,谷川 智洋,廣瀬 通孝, ”ユーザーに低負荷な半自動リアルタイムライフログシステムの提案と評価 ”, 日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,3C2-6,CD-ROM,2010. 日本バーチャルリアリティ学会第15回大会,金沢,2010年9月15日-17日.
  22. 西村邦裕, 招待講演:日仏共同研究の事例紹介 (3) , 2010. 日本バーチャルリアリティ学会第15回大会,金沢,2010年9月15日-17日.
  23. 西村 邦裕,鈴木 康広,廣瀬 通孝, ”触わる木漏れ日:光と影を触覚に変えるディスプレイ”, インタラクティブ東京2010,東京,2010年8月24日-25日.
  24. 山崎 充彦,西村 邦裕,谷川 智洋,廣瀬 通孝, ”ハンドヘルドプロジェクタによる高臨場空間投影手法に関する研究”, ヒューマンインタフェース学会 第62回研究会,東京,2010年6月.
  25. 竹内 俊貴,鳴海 拓志,西村 邦裕,谷川 智洋,廣瀬 通孝, ”レシートログと消費行動に関する未来予測”, ヒューマンインタフェース学会 第62回研究会,東京,2010年6月.
  26. 宮浦 理彰,鳴海 拓志,西村 邦裕,谷川 智洋,廣瀬 通孝, ”嗅覚ディスプレイを用いた作業支援 ”, ヒューマンインタフェース学会 第62回研究会,東京,2010年6月.
  27. 佐藤 宗彦,西坂 信哉,鳥越 祐輔,泉原 厚史,西村 邦裕,鈴木 康広,谷川 智洋,廣瀬 通孝, ”出発の星座”,『公共空間でのメディア技術:デジタルパブリックアート「空気の港」』, 東京大学「デジタルパブリックアートを創出する技術」プロジェクト, 情報処理学会創立50周年記念全国大会 デモ展示企画 今ドキッのIT 講演会,東京,2010年3月10日
  28. 徳田 雄嵩,泉原 厚史,梶波 崇,西村 邦裕,鈴木 康広,谷川 智洋,廣瀬 通孝, ”木陰のスクリーン”,『公共空間でのメディア技術:デジタルパブリックアート「空気の港」』, 東京大学「デジタルパブリックアートを創出する技術」プロジェクト, 情報処理学会創立50周年記念全国大会 デモ展示企画 今ドキッのIT 講演会,東京,2010年3月10日
  29. 牛込 陽介,新山 龍馬,西村 邦裕,谷川 智洋,廣瀬 通孝, ”アーキマキナ”,『公共空間でのメディア技術:デジタルパブリックアート「空気の港」』, 東京大学「デジタルパブリックアートを創出する技術」プロジェクト, 情報処理学会創立50周年記念全国大会 デモ展示企画 今ドキッのIT 講演会,東京,2010年3月10日
  30. 木村 健太郎,山崎 充彦,西村 邦裕,鈴木 康広,谷川 智洋,廣瀬 通孝, ”かばんの鳥”,『公共空間でのメディア技術:デジタルパブリックアート「空気の港」』, 東京大学「デジタルパブリックアートを創出する技術」プロジェクト, 情報処理学会創立50周年記念全国大会 デモ展示企画 今ドキッのIT 講演会,東京,2010年3月10日
  31. 西村 邦裕,牛込 陽介,鳥越 祐輔,佐藤 宗彦,鈴木 康広,谷川 智洋,廣瀬 通孝, ”PASMOの星座・地上の星座”,『公共空間でのメディア技術:デジタルパブリックアート「空気の港」』, 東京大学「デジタルパブリックアートを創出する技術」プロジェクト, 情報処理学会創立50周年記念全国大会 デモ展示企画 今ドキッのIT 講演会,東京,2010年3月10日
  32. 鳴海 拓志,西村 邦裕,鈴木 康広,谷川 智洋,廣瀬 通孝, ”目と鼻の先”,『公共空間でのメディア技術:デジタルパブリックアート「空気の港」』, 東京大学「デジタルパブリックアートを創出する技術」プロジェクト, 情報処理学会創立50周年記念全国大会 デモ展示企画 今ドキッのIT 講演会,東京,2010年3月10日
  33. 西村 邦裕,上條 桂子,鈴木 康広, ”「空気の港」プロデュース・パブリシティについて”,『公共空間でのメディア技術:デジタルパブリックアート「空気の港」』, 東京大学「デジタルパブリックアートを創出する技術」プロジェクト, 情報処理学会創立50周年記念全国大会 デモ展示企画 今ドキッのIT 講演会,東京,2010年3月10日
  34. 西村 邦裕,仲野 潤一,谷川 智洋,廣瀬 通孝, ”複数人ライフログ情報の可視化”, 日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,Vol.14,3A3-3,東京,2009. 日本バーチャルリアリティ学会第14回大会東京,2009年9月9日-11日.
  35. 西村 邦裕,谷川智洋,鈴木康広,廣瀬通孝, ”デジタルパブリックアート 5年間(廣瀬グループ)”, 第14回日本バーチャルリアリティ学会オーガナイズトセッション「デジタルパブリックアート -5年間の軌跡とこれから- 」,東京,2009. 日本バーチャルリアリティ学会第14回大会東京,2009年9月9日-11日.
  36. 牛込 陽介,西村 邦裕,谷川 智洋,廣瀬 通孝, ”自然にみられる張力構造を用いた対話的インタラクションに関する研究”, 日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,Vol14,1A1-5,CD-ROM,2009. 日本バーチャルリアリティ学会第14回大会東京,2009年9月9-11日.
  37. 仲野 潤一,青木 貴司,西村 邦裕,谷川 智洋,廣瀬 通孝, ”位置情報・姿勢情報を推定した画像による都市空間記録の研究”, 日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,Vol.14,1B3-6,CD-ROM,2009. 日本バーチャルリアリティ学会第14回大会東京,2009年9月9日-11日.
  38. 林 織部,西村 邦裕,阿部 浩二,谷川 智洋,廣瀬 通孝, ”壁面型ディスプレイを利用した聴覚履歴に基づく動画視聴インタフェースの提案”, 日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,1C3-4,CD-ROM,2009. 日本バーチャルリアリティ学会第14回大会東京,2009年9月9日-11日.
  39. 山蔦良知,西村邦裕,谷川智洋,廣瀬 通孝, ”過去の写真から現在の写真の撮影と接続に関する研究”, 電子情報通信学会技術研究報告,Vo.109,No.75,MVE2009-7,pp.1-6,2009. ヒューマンインタフェース学会 第55回研究会,東京,2009年6月8-9日.
  40. 永徳 真一郎,西村 邦裕,谷川 智洋,廣瀬 通孝, ”水滴を利用した空間充填型ディスプレイの明るさ向上に関する研究”, 電子情報通信学会技術研究報告,Vo.109,No.75,MVE2009-7,pp.37-42,2009. ヒューマンインタフェース学会 第55回研究会,東京,2009年6月8-9日.
  41. 高松 創介,西村 邦裕,谷川 智洋,廣瀬 通孝, ”顔情報を用いたライフログ利用に関する研究”, 電子情報通信学会技術研究報告,Vo.109,No.75,MVE2009-7,pp.73-78,2009. ヒューマンインタフェース学会 第55回研究会,東京,2009年6月8-9日.
  42. 小野 将之,西村 邦裕,谷川 智洋,廣瀬 通孝, ”多様なセンサによるライフログのニューラルネットワークを用いた構造化”, 電子情報通信学会技術研究報告,Vo.109, No.75,MVE2009-7,pp.79-84,2009. ヒューマンインタフェース学会 第55回研究会,東京,2009年6月8-9日.
  43. 林 織部,西村 邦裕,阿部 浩二,谷川 智洋,廣瀬 通孝, ”大量動画視聴における注意誘導に関する研究”, 電子情報通信学会技術研究報告,Vo.109,No.75,MVE2009-7,pp.85-90,2009. ヒューマンインタフェース学会 第55回研究会,東京,2009年6月8-9日.
  44. 鳴海 拓志,二俣 智栄,西村 邦裕,谷川 智洋,廣瀬 通孝, ”視覚情報を利用した味覚ディスプレイに関する基礎的検討”, 電子情報通信学会技術研究報告,Vo.109,No.75,MVE2009-7,pp.107-112,2009. ヒューマンインタフェース学会 第55回研究会,東京,2009年6月8-9日.
  45. 徳田雄嵩,西村邦裕,鈴木康広,谷川智洋,廣瀬通孝, "渦輪を用いたフォグスクリーンに関する基礎的検討", ヒューマンインタフェース学会研究報告集,Vol.10,No.4,pp.11-16, 2008. ヒューマンインタフェース学会 第55回研究会,東京,2009年6月8-9日.
  46. 伊藤あをい, 西村邦裕, 谷川智洋, 廣瀬通孝, "映画のカメラワーク再現による失われた空間性の復元", 日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,Vol.13,1C5-3,(2008.9). 日本バーチャルリアリティ学会 第13回大会,奈良,2008年9月.
  47. 西村邦裕, 林織部, 谷川智洋, 廣瀬通孝, "壁面型ディスプレイを利用した注意喚起の試み", 日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,Vol.13,2B3-1,(2008.9). 日本バーチャルリアリティ学会 第13回大会,奈良,2008年9月.
  48. 仲野潤一, 青木貴司, 西村邦裕, 谷川智洋, 廣瀬通孝, "画像処理を用いたロバストなリアルタイムライフログ表示システム", 日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,Vol.13,3B1-2,(2008.9). 日本バーチャルリアリティ学会 第13回大会,奈良,2008年9月.
  49. 南部愛子, 鳴海拓志, 西村邦裕, 谷川智洋, 廣瀬通孝, "色情報が嗅覚の引き込み効果に与える影響の研究", 日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,Vol.13,3B2-3,(2008.9). 日本バーチャルリアリティ学会 第13回大会,奈良,2008年9月.
  50. Kunihiro Nishimura, "Presentation by Hirose Laboratory", campus | Tokyo Presentation, The University of Tokyo @ Ars Electronica, Ars Electronica Festival for Art, Technology and Society, 2008, (2008.9). アルスエレクトロニカ,リンツ,オーストリア,2008年9月.
  51. 西村 邦裕,大矢 隆弘,谷川 智洋,廣瀬 通孝, ”対人行動ライフログを利用した可視化と記憶支援の試み”, 日本バーチャルリアリティ学会研究報告,Vol.13, No.1-WUVR, pp.9-15, 2008. 日本バーチャルリアリティ学会 ウェアラブルユビキタス研究会,東京,2008年6月.
  52. 野澤 紘子,鳴海 拓志,西村 邦裕,廣瀬 通孝,佐倉 統, ”Beat Story:心拍センサを用いた主観時間の記録”, 日本バーチャルリアリティ学会研究報告,Vol.13, No.1-WUVR, pp.16-17, 2008. 日本バーチャルリアリティ学会 ウェアラブルユビキタス研究会,東京,2008年6月.
  53. 南部 愛子,鳴海 拓志,西村 邦裕,谷川 智洋,廣瀬 通孝, ”視覚の影響を利用した嗅覚インタフェースの研究”, ヒューマンインタフェース学会研究報告集,Vol.10,No.2,pp.37-40,2008. ヒューマンインタフェース学会 第48回研究会,東京,2008年6月.
  54. 中島 総,西村 邦裕,谷川 智洋,廣瀬 通孝, ”筋電を用いた擬似的力覚評価法の検討”, ヒューマンインタフェース学会研究報告集,Vol.10,No.2,pp.67-72,2008. ヒューマンインタフェース学会 第48回研究会,東京,2008年6月.
  55. 伊藤あをい,伊藤紘基,西村邦裕,谷川智洋,廣瀬通孝, ”臨場感向上のための映像提示手法の研究”, ヒューマンインタフェース学会研究報告集,Vol.10,No.2,pp.129-134,2008. ヒューマンインタフェース学会 第48回研究会,東京,2008年6月.
  56. 中村 衞, 市川 保正, 齋藤 正光, 永井 おりが, 藤田 裕二, 田中 雅行, 中垣 好之, 山口 真奈美, 松宮 潔, 吉海 智晃, 西村 邦裕, 岩瀬 英治, 下坂 正倫, 森 武俊, 國吉 康夫, ”機械情報工学科学部演習における自主プロジェクトとその成果  —東京大学機械情報工学科,・知能ソフトウエア・ロボットシステム・メカトロニクス設計演習—”, ロボティクス・メカトロニクス講演会2008(ROBOMEC 2008 in NAGANO), 長野,2008年6月.
  57. 南部 愛子, 鳴海 拓志, 西村 邦裕, 谷川 智洋, 廣瀬 通孝, ”視覚の影響を利用した嗅覚ディスプレイの研究”, 日本バーチャルリアリティ学会 第34回サイバースペースと仮想都市研究会, 2008. 新潟,2008年5月.
  58. 仲野 潤一,西村 邦裕,谷川 智洋,廣瀬 通孝, ”位置と画像を利用したリアルタイムライフログシステム”, 情報処理学会第70回全国大会,CD-ROM,pp.5-227 - 5-228,(2008.3). 情報処理学会第70回大会,筑波,2008年3月.
  59. 西村 邦裕, ”バーチャルリアリティ技術を用いた遺伝子発現量情報の可視化”, 第7回オープンバイオ研究会,東京,2007年10月. [pdf 4.48MB]
  60. 西村 邦裕,谷川 智洋,廣瀬 通孝, ”作業履歴情報の構造化と可視化”, 日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,Vol.12,1D4-6,(2007.9). 日本バーチャルリアリティ学会 第12回大会,福岡,2007年9月.
  61. 徳田 雄嵩,西村 邦裕,唐山 英明,谷川 智洋,廣瀬 通孝, ”渦輪を用いたPop-up ディスプレイに関する検討”, 日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,Vol.12,2C2-6,(2007.9). 日本バーチャルリアリティ学会 第12回大会,福岡,2007年9月.
  62. 伊藤 あをい,西村 邦裕.谷川 智洋,廣瀬 通孝, ”壁面型ディスプレイを利用した洋服コーディネートシステム”, 日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,Vol.12,1A2-4,(2007.9). 日本バーチャルリアリティ学会 第12回大会,福岡,2007年9月.
  63. 西村 邦裕, ”データマイニングにおける作業履歴の可視化”, イノベーション・ジャパン2007 フォーラム,Microsoft Innovation Showcase,Microsoftの産学連携とイノベーション,東京,2007年9月.
  64. 西村 邦裕, "作業履歴を自動的に可視化する仕組みの研究", マイクロソフト産学連携研究機構 第2回シンポジウム,京都,2006年11月.
  65. 西村 邦裕,谷川 智洋,広田 光一,廣瀬 通孝, ”データ解析作業における作業履歴の可視化手法の検討”, 日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,Vol.11,pp.434-437,(2006.9). 日本バーチャルリアリティ学会 第11回大会,仙台,2006年9月.
  66. 青木 貴司,西村 邦裕,谷川 智洋,廣瀬 通孝, ”実写画像を基にした3次元VR空間の構築”, ヒューマンインタフェース学会研究報告集,Vol.8,No.3,pp.7-12,(2006.6). ヒューマンインタフェース学会 第39回研究会,東京,2006年6月.
  67. 谷川智洋,西村邦祐,阿部浩二,堤修一,油谷浩幸,広田光一,廣瀬通孝, "CABINコンテンツ:ゲノムデータの可視化", 第17回CAVE研究会, 2005年10月28日.[pdf]
  68. 西村 邦裕, 石川 俊平, 油谷 浩幸, 広田 光一, 廣瀬 通孝, ”ゲノムコピー数解析のための作業履歴の可視化”, 日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,Vol.10,pp.297-300,(2005.9). 日本バーチャルリアリティ学会 第10回大会,東京,2005年9月.
  69. 幸坂 大輔, 西村 邦裕, 谷川 智洋, 広田 光一, 廣瀬 通孝, ”物理法則に従う多物体で構成されるVR環境の研究”, 日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,Vol.10,pp.223-226,(2005.9). 日本バーチャルリアリティ学会 第10回大会,東京,2005年9月.
  70. 緑川 泰,山本 尚吾,石川 俊平,上村 直子,西村 邦裕,椙村 春彦,幕内 雅敏,油谷 浩幸, ”肝発癌におけるSNPチップを用いたDNAコピー解析によるAllele Imbalance領域の同定”, 日本癌学会 第64回学術総会,札幌,2005年9月.
  71. 幸坂 大輔,西村 邦裕,谷川 智洋,広田 光一,廣瀬 通孝, "予測機能を持たせたVR世界の構築", 2005年映像情報メディア学会年次大会, 東京,2005年8月.
  72. 山下 淳,西村 邦裕,阿部 浩二,広田 光一,廣瀬 通孝, ”没入型多面ディスプレイの教育応用”, 名古屋大学平成16年度情報処理教育研究集会,名古屋,2004年11月.
  73. 緑川 泰,石川 俊平,堤 修一,上村 直子,西村 邦裕,田中 由紀子,幕内 雅敏,油谷 浩幸, ”SNP チップを用いた肝発癌における染色体コピー数変化領域の同定”, 日本癌学会 第63回総会,福岡,2004年9月.
  74. 西村 邦裕,石川 俊平,広田 光一,油谷 浩幸,廣瀬 通孝, ”ゲノムコピー数異常検出のための可視化”, 日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,Vol.9,pp.393-396,(2004.9). 日本バーチャルリアリティ学会 第9回大会,京都,2004年9月.
  75. 西村 邦裕, ”バーチャルリアリティを利用したゲノム関連展示とその評価について”, 日本ミュージアム・マネージメント学会 2004年度JMMA理論構築研究部会 第1回研究会,東京,2004年9月.
  76. 西村 邦裕,広田 光一,油谷 浩幸,廣瀬 通孝, ”VR環境を用いたゲノム関連展示とその操作ログの可視化”, ヒューマンインタフェース学会研究報告集,Vol.6,No.3,pp.49-52,(2004.6). ヒューマンインタフェース学会 第28回研究会,東京,2004年6月.
  77. 西村 邦裕, ”バーチャルリアリティ環境を用いたゲノム関連展示”, 日本ミュージアム・マネージメント学会 第9回大会,東京,2004年5月.
  78. 西村 邦裕,阿部 浩二,堤 修一,広田 光一,油谷 浩幸,廣瀬 通孝, ”遺伝子発現量情報比較のための動きを利用した可視化に関する研究”, ヒューマンインタフェースシンポジウム2003論文集,pp.55-58,(2003.9-10). ヒューマンインタフェース学会 ヒューマンインタフェースシンポジウム2003,東京,2003年9-10月. [pdf 1.50MB]
  79. 阿部 浩二,西村 邦裕,広田 光一,井原 茂男,廣瀬 通孝 ”ゲノムネットワーク情報の視覚化”, ヒューマンインタフェースシンポジウム2003論文集,pp.53-54,(2003.9-10). ヒューマンインタフェース学会 ヒューマンインタフェースシンポジウム2003,東京,2003年9-10月.
  80. 西村 邦裕,阿部 浩二,堤 修一,広田 光一,油谷 浩幸,廣瀬 通孝, ”遺伝子発現量情報の可視化に必要とされる空間の大きさに関する研究”, 日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,Vol.8,pp.425-428,(2003.9). 日本バーチャルリアリティ学会 第8回大会,岐阜,2003年9月. [pdf 3.57MB]
  81. 阿部 浩二,西村 邦裕,広田 光一,井原 茂男,廣瀬 通孝, ”文献検索システムを用いた細胞内ネットワーク情報の可視化”, 日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,Vol.8,pp.435-436,(2003.9). 日本バーチャルリアリティ学会 第8回大会,岐阜,2003年9月.
  82. 緑川 泰,堤修一,西村 邦裕,Ge Xijin,野中 綾,上村 直子,加納 真,坂本 裕彦,幕内 雅敏,油谷 浩幸, ”Expression Imbalance Map による肝細胞癌の染色体における包括的遺伝子解析”, 日本癌学会 第62回総会,名古屋,2003年9月.
  83. 西村 邦裕,阿部 浩二,油谷 浩幸,広田 光一,廣瀬 通孝, ”没入型多面ディスプレイのゲノム情報科学におけるニーズ調査”, ヒューマンインタフェース学会研究報告集,Vol.5,No.3,pp.23-26,(2003.6). ヒューマンインタフェース学会 第23回研究会,東京,2003年6月. [pdf 2.93MB]
  84. 西村 邦裕,阿部 浩二,油谷 浩幸,広田 光一,廣瀬 通孝, ”VEGAS (Virtual Environment for Genome Analysis and Simulation)”, 文部科学省 特定領域研究「ゲノム情報科学」公開シンポジウム プログラム・要旨集,p.21,(2003.1). 特定領域研究「ゲノム情報科学公開シンポジウム」,東京,2003年1月.
  85. 中谷 紀章,油谷 浩幸,飯島 友紀,西村 邦裕,茂野 佳美,仙波 純一,吉川 武男, ”うつ病モデル動物の遺伝子発現プロファイリング”, 第35回精神神経系薬物治療研究報告会,p.A-2,大阪,2002年12月.
  86. 中谷 紀章,油谷 浩幸,飯島 友紀,西村 邦裕,茂野 佳美,仙波 純一,吉川 武男, ”うつ病モデル動物の遺伝子発現プロファイリング”, 第11回海馬と高次機能学会,p.21,浜松,2002年11月.
  87. 西村 邦裕,阿部 浩二,堤 修一,油谷 浩幸,広田 光一,廣瀬 通孝, ”没入型多面ディスプレイを利用した遺伝子選択のための可視化”, 日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,Vol.7,pp.547-550,(2002.9). 日本バーチャルリアリティ学会 第7回大会,東京,2002年9月. [pdf 3,374KB]
  88. 西村 邦裕,加納 真,堤 修一,油谷 浩幸,広田 光一,廣瀬 通孝, ”染色体異常領域発見のための遺伝子発現情報の可視化”, 可視化情報学会講演論文集,Vol.22,Suppl.No.1,pp.115-118,(2002.7). 可視化情報学会 第30回可視化情報シンポジウム,東京,2002年7月. [pdf 1,693KB]
  89. 阿部 浩二,西村 邦裕,堤 修一,油谷 浩幸,広田 光一,廣瀬 通孝, ”細胞内パスウェイ情報を利用した遺伝子発現量データの可視化”, ヒューマンインタフェース学会研究報告集,Vol.4,No.3,pp.21-24,(2002.6). ヒューマンインタフェース学会 第18回研究会,東京,2002年6月.
  90. 西村 邦裕,加納 真,堤 修一,油谷 浩幸,広田 光一,廣瀬 通孝, ”没入型多面ディスプレイを利用した時系列遺伝子発現量解析と可視化に関する研究”, 日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,Vol.6,pp.409-412,(2001.9). 日本バーチャルリアリティ学会 第6回大会,長崎,2001年9月. [pdf 1,224KB]
  91. 加納 真,堤 修一,西村 邦裕,油谷 浩幸,広田 光一,廣瀬 通孝, ”比較マップによる遺伝子クラスタ群の可視化”, 日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,Vol.6,pp.379-382,(2001.9). 日本バーチャルリアリティ学会 第6回大会,長崎,2001年9月.
  92. 西村邦裕,加納真,油谷浩幸,広田光一,廣瀬通孝, ”没入型多面ディスプレイを用いた遺伝子発現量解析に関する研究”, ヒューマンインターフェース学会研究報告集,Vol.3,No.2,pp.17-20,(2001.6) ヒューマンインタフェース学会 第12回研究会, 東京,2001年6月.[pdf 1,566KB]

ポスター発表

  1. 西村邦裕,岡本忍,中尾光輝,廣瀬通孝,中村保一, ”ゲノムデータベースを利用したシームレスなゲノムビューワの試み:genoDive”, 文部科学省委託研究開発事業 統合データベースプロジェクトシンポジウム 2009 「データベースが拓くこれからのライフサイエンス」要旨集, B-13, 2009. [PDF]
  2. 伊藤 あをい,西村 邦裕,谷川 智洋,廣瀬 通孝, ”Vo-oV:音声情報に基づいた他人とのコミュニケーション促進支援システム”, 情報処理学会 インタラクション2008,CD-ROM,東京,2008年3月.
  3. 野澤 紘子,鳴海 拓志,西村 邦裕,廣瀬 通孝,佐倉 統, ”Beat Story:心拍センサを用いた主観的な時間密度の可視化”, 情報処理学会 インタラクション2008,CD-ROM,東京,2008年3月.
  4. 堤 修一,竹谷 健,西村 邦裕,葛 錫金,滝 智彦,杉田 完爾,石井 榮一,大木 操,油谷 浩幸,林 泰秀, "MLL 遺伝子再構成を有する急性リンパ性白血病の遺伝子発現プロファイル解析", 日本癌学会 第62回総会, 2003年9月.
  5. 石川 俊平,加納 真,前川 雅彦,堤 修一,西村 邦裕,山本 尚吾,筆宝 義隆,井原 茂男,油谷 浩幸, "癌におけるゲノムの構造異常と発現プロファイル-genomic imbalance とexpression imbalance", 日本癌学会 第62回総会, 2003年9月.
  6. 堤 修一,竹谷 健,西村 邦裕,滝 智彦,杉田 完爾,石井 榮一,花田 良二,大木 操,油谷 浩幸,林 泰秀, "t(1;19)およびt(12;21)の急性リンパ性白血病の遺伝子発現プロファイル解析", 第65回日本血液学会・第45回日本臨床血液学会, 2003年8月.
  7. 堤 修一,緑川 泰,加納 真,西村 邦裕,坂本 裕彦,幕内 雅敏,油谷 裕幸, "マイクロアレイ解析による癌の分類においてのデータ処理", 日本癌学会 第60回総会, 2001年9月.
  8. 加納 真,堤 修一,西村 邦裕,油谷 浩幸,広田 光一,廣瀬 通孝, "遺伝子発現量情報に基づくクラスタの比較とその可視化手法に関する研究", 情報計算化学生物学会 2001年大会, 2001年7月. ポスター優秀賞受賞.

セミナー

  1. 西村 邦裕, "ライフログと行動予測", パネリスト, 第1回行動センサリングシンポジウム「建築空間と人の状況をリアルタイムで把握することにより広がる建築の可能性」, 日本建築学会 情報システム技術委員会 情報社会デザイン小委員会 建築会館ホール,2010年6月30日. [pdf]
  2. 西村邦裕×鈴木康広, "アートと情報の可視化技術", 東京大学先端科学技術研究センター キャンパス公開2010 アートクロストーク 東京大学先端科学技術研究センター4号館エントランス,2010年6月5日.
  3. 西村邦裕, デジタルパブリックアートプロジェクト キッズワークショップ, 「Please watch your EARS! 指向性スピーカーで音を飛ばそう」 羽田空港, 2009年10月31日.
  4. 八谷和彦 (メディアアーティスト) x鈴木康広x上條桂子x西村邦裕 「空気の港」ギャラリートーク, 羽田空港, 2009年10月25日.
  5. 西村邦裕,佐藤宗彦, デジタルパブリックアートプロジェクト キッズワークショップ, 「Please watch your EYES! 巨大な天井ディスプレイで遊ぼう」, 羽田空港.
  6. 2009年10月24日, KIKI (モデル) x鈴木康広x上條桂子x西村邦裕, 「空気の港」ギャラリートーク, 羽田空港, 2009年10月18日.
  7. 西村 邦裕, パネルディスカッション”感性を刺激するオフィスの創り方”,パネリスト, 日本オフィス学会第12回研究セミナー,東京,2008年3月10日.
  8. 西村 邦裕,西村 由希子 ”携帯電話使用ユーザの使用状況調査、携帯電話の危険性とユーザの意識レベルのギャップを埋める予防法の検討 − インステイテューショナル技術経営学への示唆”, 研究・技術計画学会 国際問題分科会,東京,2008年1月.
  9. 西村 邦裕, ”ゲノムコピー数解析のための可視化とVR技術”, ライフサイエンス統合データベースセンター セミナー,東京,2007年10月.
  10. 西村 邦裕, ”ゲノムコピー数解析とVR技術・可視化技術”, かずさDNA研究所 バイオインフォマティクスセミナー,千葉,2007年9月.

公開デモンストレーション・展示

  1. 2010年10月29日-11月3日, 東京デザイナーズウィーク2010, 鈴木 康広,西村 邦裕,佐藤 宗彦,林 織部,Yang LeiWei,木村 健太郎,西坂 信哉,小野嶋 勇介,伴 祐樹,室谷 勇真,吉田 成朗,上條 桂子,廣瀬 通孝, "コンテナの車窓", 明治神宮外苑,東京.
  2. 2010年9月15日-17日, 日本バーチャルリアリティ学会第15回大会, 西村 邦裕,鈴木 康広,廣瀬 通孝, ”触わる木漏れ日:光と影の手持ち触覚ディスプレイ”, 金沢工業大学.
  3. 2010年8月24-25日, インタラクティブ東京2010, 西村 邦裕,鈴木 康広,廣瀬 通孝, ”触わる木漏れ日:光と影を触覚に変えるディスプレイ”, 日本科学未来館
  4. 2010年6月4日-5日, 東京大学先端科学技術研究センター キャンパス公開2010
    1. 「木陰のスクリーン」模型
    2. 「出発の星座」模型
    東京大学.
  5. 2010年5月13-26日, 空気の港』(美術出版社)刊行記念 「空気の港の本」展, 青山ブックセンター本店
  6. 2010年4月30日-5月5日,予感研究所3, 廣瀬通孝,谷川智洋,西村邦裕,小野将之,竹内俊貴,小川恭平, ”ライフログから食行動を見てみよう”, 日本科学未来館
  7. 2010年3月24日-28日, 「空気の港」の本展 AIR HARBOR BOOK EXHIBITION, NOW IDeA
  8. 2010年3月9-10日,情報処理学会創立50周年記念全国大会 デモ展示企画 今ドキッのIT@御殿下記念館2010,東京大学 「デジタルパブリックアートを創出する技術」プロジェクト,東京大学御殿下記念館ジムナジアム.
  9. 2010年3月9-10日,情報処理学会創立50周年記念全国大会 デモ展示企画 今ドキッのIT@御殿下記念館2010, 戦略的創造研究推進事業(CREST)「“食”に関わるライフログ共有技術基盤」, 東京大学御殿下記念館ジムナジアム,2010.3.10.
  10. 2010年2月2日-03月22日, 「サイバーアーツジャパンーアルスエレクトロニカの30年」
    1. Please Watch Your Step (鈴木康広,西村邦裕)
    2. 木陰のスクリーン - 地上の星座 (徳田雄嵩,泉原厚史,梶波崇,鳥越祐輔,飯田智広,今津良樹,徳井伸哉,西坂 信哉,西村邦裕,鈴木康広)
    3. アーキ・マキナ (牛込陽介,新山龍馬)
    4. まばたきの葉 (鈴木康広)
    5. 大きな空気の人 (鈴木康広,飯田智広,インターンスタッフ)
    東京都現代美術館
  11. 2009年10月9日-11月3日(一部2010年1月11日) Digital Public Art in Haneda Airport 「空気の港」〜テクノロジー×空気で感じる新しい世界〜, 羽田空港.
     プロジェクトリーダー:廣瀬通孝
     アートディレクター:鈴木康広
     テクニカルプロデューサー:西村邦裕
     テクニカルディレクター:相澤清晴、苗村健、山崎俊彦、谷川智洋、飯田誠
     コーディネーター:上條桂子
    1. 空気のひろば,羽田空港第2ターミナル B1F 若い芽のひろば,(2009.10.9-11.3)
    2. 呼吸する空港,羽田空港第2ターミナル B1F 若い芽のひろば,(2009.10.9-11.3)
    3. 呼吸するスクリーン,羽田空港第2ターミナル B1F 若い芽のひろば,(2009.10.9-11.3)
    4. Please Watch Your Step,羽田空港第1ターミナル B1F / 第2ターミナルB1F,(2009.10.9-11.3)
    5. かばんの鳥,羽田空港第2ターミナル1Fバゲッジクレーム,(2009.10.9-11.3)
    6. 空気の人,羽田空港第1ターミナル2F / 第2ターミナル2F,(2009.10.9-11.3)
    7. 大きな空気の人,羽田空港第2ターミナル2F,(2009.10.9-11.3)
    8. 1と2の消息,羽田空港第1・第2ターミナル連絡通路,(2009.10.9-11.3)
    9. 自針と分針,羽田空港第1ターミナルB1F,(2009.10.9-2010.1.11)
    10. 風見鶏の視線,羽田空港第1ターミナル2F南ウイング ,(2009.10.9-11.3)
    11. 未来の足跡,羽田空港第1ターミナル2F南ウイング,(2009.10.9-11.3)
    12. 出発の星座,羽田空港第1ターミナル2F南ウイング,(2009.10.9-2010.1.11)
    13. 地上の星座,羽田空港第1ターミナル2F南ウイング,(2009.10.9-11.3)
    14. 星に座る椅子,羽田空港第1ターミナル2F南ウイング,(2009.10.9-11.3)
    15. アーキ・マキナ,羽田空港第1ターミナル2F南ウイング,(2009.10.9-11.3)
    16. まばたきの葉,羽田空港第1ターミナル2Fマーケットプレイス,(2009.10.9-11.3, 2009.12.27-2010.1.11)
    17. 目と鼻の先,羽田空港第1ターミナル2Fマーケットプレイス,(2009.10.9-11.3)
    18. 木陰のスクリーン,羽田空港第1ターミナル2F北ウイング,(2009.10.9-2010.1.11)
    19. PASMOの星座,羽田空港京急線羽田空港駅ホーム,(2009.10.9-11.3)
  12. 2009年5月29-31日,東京大学先端科学技術研究センター オープンハウス, 西村 邦裕,鈴木 康広,徳田 雄嵩,飯田 智広,梶波 崇,谷川 智洋,廣瀬 通孝, 「木陰のスクリーン」, 東京大学先端科学技術研究センター.
  13. 2008年12月3-5日, International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology 2008, Takashi Suzuki, Kunihiro Nishimura, Michitaka Hirose, ""wavers": a perceptible vibration system", ACM International Conference Proceeding Series; Vol. 352, Proceedings of the 2008 International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology (ACE2008), p.399, Keio Univeristy, Yokohama, Japan, 2008. [DOI]
  14. 2008年12月3-5日, International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology 2008, Yosuke Ushigome, Kunihiro Nishimura, Michitaka Hirose, ""structured creature": a prototype for interactive architecture", ACM International Conference Proceeding Series; Vol. 352, Proceedings of the 2008 International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology (ACE2008), p.401, Keio Univeristy, Yokohama, Japan, 2008. [DOI]
  15. 2008年10月23-26日,ASIAGRAPH 2008 in Tokyo, Takashi Suzuki, Kunihiro Nishimura, Yasuhiro Suzuki, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose, "wavers", 日本科学未来館
  16. 2008年10月23-26日,ASIAGRAPH 2008 in Tokyo, Yosuke Ushigome, Kunihiro Nishimura, Michitaka Hirose, "structured creature", 日本科学未来館
  17. 2008年10月23-26日,ASIAGRAPH 2008 in Tokyo, Yutaka Tokuda, Yasuhiro Suzuki, Kunihiro Nishimura, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose, "Holo-Zooka", 日本科学未来館
  18. 2008年10月23-26日,ASIAGRAPH 2008 in Tokyo, Aiko Nambu, Takuji Narumi, Kunihiro Nishimura, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose, "flavor of color", 日本科学未来館
  19. 2008年9月4-9日,Ars Erectonica Campus 2008: Hybrid Ego - The University of Tokyo, Takashi Suzuki, Kunihiro Nishimura, Yasuhiro Suzuki, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose, "wavers", kunstunversit?t Linz(University of Art and Industrial Design Linz, Hauptplatz 8, 4010 Linz, Austria)
  20. 2008年9月4-9日,Ars Erectonica Campus 2008: Hybrid Ego - The University of Tokyo, Yosuke Ushigome, Yasuhiro Suziki, Kunihiro Nishimura, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose, "structured creature", kunstunversit?t Linz(University of Art and Industrial Design Linz, Hauptplatz 8, 4010 Linz, Austria)
  21. 2008年7月26-30日, 予感研究所2, 徳田 雄嵩,鈴木 康広,西村 邦裕,谷川 智洋,廣瀬 通孝, 「Holo-Zooka」, 日本科学未来館
  22. 2008年7月26-30日, 予感研究所2, 南部 愛子,鳴海 拓志,西村 邦裕,谷川 智洋,廣瀬 通孝, 「nioi cafe」, 日本科学未来館
  23. 2008年6月27日-7月1日, ASIAGRAPH 2008 in Shanghai, Kunihiro Nishimura, Takashi Aoki, Masahiro Yamaguchi, Tomohiro Tanikawa, "Visualization of Photo Data using Time Axis and Position Information", Shanghai Exhibition Center(上海展覧中心), 中国.
  24. 2008年6月16日-7月15日, DPA project + 東京大学 廣瀬・谷川研究室 + 西村 邦裕 + 鳴海 拓志 + 佐藤 宗彦 + 橋本 弘太郎, 「Sharelog::F」, 新宿タカシマヤTimesSquare, 12F,レストランズパーク.
  25. 2008年5月29-31日,東京大学先端科学技術研究センター オープンハウス, 徳田 雄嵩 + 鈴木 康広 + 西村 邦裕 + 東京大学 廣瀬・谷川研究室 + dpa project, 「雲のディスプレイ」, 東京大学先端科学技術研究センター.
  26. 2008年5月29-31日,東京大学先端科学技術研究センター オープンハウス, 鈴木 康広 + 西村 邦裕 + 東京大学 廣瀬・谷川研究室 + dpa project, 「触わる木漏れ日」, 東京大学先端科学技術研究センター.
  27. 2008年5月17-18日, "gene" at the Roppongi Hills, 西村邦裕+鳴海拓志+東京大学廣瀬・谷川研究室+dpa project, 「Sharelog::Dome」, 六本木ヒルズアリーナ,六本木ヒルズ.
  28. 2008年5月17-18日, "gene" at the Roppongi Hills, 鳴海拓志+西村邦裕+東京大学廣瀬・谷川研究室+dpa project, 「Sharelog::Cube」, 六本木ヒルズアリーナ,六本木ヒルズ.
  29. 2005年7月23-24日,日本学術会議細胞生物学研究連絡委員会・日本学術会議若者の科学力増進特別委員会, 子どものゆめ サイエンス セルフェスタ2005 in 東京日本科学未来館
  30. 2003年11月15-16日,文部科学省 科学研究費 特定領域研究 ゲノム4領域 ゲノムひろば2003 in 東京日本科学未来館
  31. 2003年11月12, 13, 15, 16日,日本科学未来館 「ゲノムひろば」併設特別イベント, CABIN2「バーチャルリアリティで細胞をみる」日本科学未来館
  32. 2003年1月9日,文部科学省 特定領域研究「ゲノム情報科学」公開シンポジウム日本科学未来館
  33. 2002年11月9-10日,文部科学省 科学研究費 特定領域研究 ゲノム4領域 「ゲノムひろば」2002 東京日本科学未来館

Last Updated on May 3rd, 2012.

リンクの貼られているPDFファイルについて,学術上の目的で複写されることを許諾します.
ただし,改変,再配布は許諾しません.
No part of these linked documents (PDF files) above may be reproduced or transmitted in any form or by any means, electronic, mechanical, photocopying, and recording, or by any information storage or retrieval system, or otherwise, without the prior permission of Kunihiro Nishimura.
Permission to download and/or print out a single copy for academic purpose only is hereby granted.